NEC、高可用性ソフトを仮想マシンの無停止フェイルオーバに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、高可用性ソフトを仮想マシンの無停止フェイルオーバに対応


掲載日:2010/09/08


News

 日本電気株式会社(NEC)は、高可用性ソフトウェア「CLUSTERPRO X」で、仮想化システムの無停止フェイルオーバに対応した「CLUSTERPRO X 3.0」シリーズを、10月1日より発売する。

 「CLUSTERPRO X」は、高可用性ソフトウェア「CLUSTERPRO」の中核製品で、システム障害を監視し、障害検知時に正常に動作している待機系サーバに業務を自動的に引き継ぐことで、低コストで信頼性の高いシステムを構築できる。

 今回発売される「CLUSTERPRO X 3.0」シリーズでは、仮想化基盤ソフトウェアとの連携機能が強化されたことで、新たに仮想化基盤上の仮想マシンの無停止フェイルオーバに対応した(VMware、Hyper-Vに対応。XenServerはアップデートで対応予定)。また、初期導入時に必要な現用系・待機系サーバ間のデータ同期にかかる時間を削減したほか、操作・管理用画面のGUI(グラフィカル・ユーザ・インターフェース)の操作性も向上している。

 仮想化基盤ソフトウェアと連携させることで、システムを停止せずに仮想マシンのフェイルオーバを行なえる。障害発生時に、仮想マシンで動作しているアプリケーションなどを障害発生直前の状態のまま引き継げるため、迅速に業務を再開できる。また、初期構築時や障害復旧時に行なう、現用系・待機系サーバ間のデータ同期が高速化されていて、ディスク内の実データ領域のみ同期する新機能により、1000GBのディスクサイズの場合、初期構築時のデータ同期を約10分で完了できる(フォーマット直後のディスクを使用した場合)。初期構築時に、サーバ名など必要最低限の情報を入力することで、設定を行なうべき項目が自動的に画面に表示されるため、簡単に設定できる。


出荷日・発売日 2010年10月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031233


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ