CA、クラウドも対象にした統合認証基盤/ID連携製品の新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CA、クラウドも対象にした統合認証基盤/ID連携製品の新版を出荷


掲載日:2010/09/07


News

 CA Technologiesは、クラウド上のアプリケーションまで管理対象を拡大したWebアクセス管理ソリューションの新版2製品、統合認証基盤ソリューション「CA SiteMinder r12 SP2」とフェデレーション(アイデンティティ(ID)連携)ソリューション「CA Federation Manager r12.1」を、9月30日より出荷する。

 「CA SiteMinder r12 SP2」は、シングルサインオンを実現するソリューション。ポリシー管理が拡張され、アプリケーション・レベルでのポリシー管理や、ロール(役割)べースのポリシー管理、ポリシーのライフサイクル管理、コンプライアンス確立を図るためのポリシー分析・レポーティングの機能が追加されたため、よりきめ細かくアクセス制御を行なえる。また、Hitachi Web Serverを正式にサポートした。

 企業全体で導入可能な管理ツールにより、既存システムとの統合や変更、本番運用における様々な環境の監視や管理、保守を自動化でき、セキュリティ管理のコストを低減できる。

 「CA Federation Manager r12.1」は、Webアプリケーション間で、シームレスにアイデンティティを連携するソリューション。SAMLを含む複数のフェデレーション標準をサポートし、様々なパートナーとアイデンティティ連携を行なえる。また、アイデンティティ・プロバイダ、サービス・プロバイダ、あるいは両方のフェデレーションの役割を担うことができる。アイデンティティ・プロバイダ側に存在する既存のWebアプリケーションへの認証の委譲もサポートする。

 両ソリューションにより、オンプレミス/クラウド上問わず、利用者にWebシングルサインオンを提供でき、セキュリティの強化を支援する。


出荷日・発売日 2010年9月30日 出荷
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

指ハイブリッド認証 【NEC】 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 【シマンテック】 高水準SSLサーバ証明書 SureServer/SureServer EV 【ソフトバンク コマース&サービス】 モバイル向け端末認証サービス 「サイバートラスト デバイスID」 【ソフトバンク コマース&サービス】 多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】
認証 認証 認証 認証 認証
「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 世界で高い評価を受けるSSLサーバ証明書。証明書の発行にありがちな煩雑な手続きを極力省き、確かな企業審査を行った信頼性の高い証明書をスピーディに発行する。 私用スマートフォンと会社が貸与/許可した端末の識別を、デバイス証明書を利用することで、難なく実現するサービス。手間をかけずに安全なネットワークを運用できる。 Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031207


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ