CA、クラウドも対象にした統合認証基盤/ID連携製品の新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CA、クラウドも対象にした統合認証基盤/ID連携製品の新版を出荷


掲載日:2010/09/07


News

 CA Technologiesは、クラウド上のアプリケーションまで管理対象を拡大したWebアクセス管理ソリューションの新版2製品、統合認証基盤ソリューション「CA SiteMinder r12 SP2」とフェデレーション(アイデンティティ(ID)連携)ソリューション「CA Federation Manager r12.1」を、9月30日より出荷する。

 「CA SiteMinder r12 SP2」は、シングルサインオンを実現するソリューション。ポリシー管理が拡張され、アプリケーション・レベルでのポリシー管理や、ロール(役割)べースのポリシー管理、ポリシーのライフサイクル管理、コンプライアンス確立を図るためのポリシー分析・レポーティングの機能が追加されたため、よりきめ細かくアクセス制御を行なえる。また、Hitachi Web Serverを正式にサポートした。

 企業全体で導入可能な管理ツールにより、既存システムとの統合や変更、本番運用における様々な環境の監視や管理、保守を自動化でき、セキュリティ管理のコストを低減できる。

 「CA Federation Manager r12.1」は、Webアプリケーション間で、シームレスにアイデンティティを連携するソリューション。SAMLを含む複数のフェデレーション標準をサポートし、様々なパートナーとアイデンティティ連携を行なえる。また、アイデンティティ・プロバイダ、サービス・プロバイダ、あるいは両方のフェデレーションの役割を担うことができる。アイデンティティ・プロバイダ側に存在する既存のWebアプリケーションへの認証の委譲もサポートする。

 両ソリューションにより、オンプレミス/クラウド上問わず、利用者にWebシングルサインオンを提供でき、セキュリティの強化を支援する。


出荷日・発売日 2010年9月30日 出荷
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

AXIOLE 【ネットスプリング】 モバイルやSaaSを保護し、利便性も損なわない金融機関のセキュリティ戦略とは 【CA Technologies】 SaaSアプリケーション活用時のリスクを解消するアクセス制御の最適解とは? 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 手のひら静脈認証ソリューション BioPassport 【NTTテクノクロス】 新しい働き方を成功に導く、無線LAN環境に必要な“第3”の認証基盤とは何か 【日本ヒューレット・パッカード+他】
認証 認証 認証 認証 認証
LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 金融機関に学ぶ、エンドポイントに依存しないセキュリティ環境 SaaSアプリケーション活用時のリスクを解消するアクセス制御の最適解とは? 端末のカメラで高精度な静脈認証を実現。認証装置、認証用サーバは不要。導入の負担がなく、今すぐにWindowsログオン認証の強度を高める生体認証ソリューション。 スマートデバイスを活用するためには社内の無線LAN化は必須だ。だが、ユーザーIDとパスワードだけの簡単な認証基盤ではセキュアな環境を構築できない。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031207


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ