アクロリンクス、情報品質管理ソフトウェアの新バージョンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アクロリンクス、情報品質管理ソフトウェアの新バージョンを発売


掲載日:2010/09/06


News

 アクロリンクス株式会社は、情報品質評価・管理を企業レベルで実現する、独acrolinx GmbHの「acrolinx IQ」バージョン2.0(acrolinx IQ 2.0)を、発売した。

 今回の新バージョンでは、数値による文章品質の評価など従来の機能に加え、使い勝手、統合機能、共同作業のサポート機能が向上している。“acrolinx IQ 用語集”モジュールが強化され、用語ライフサイクル管理がより簡単で、よりインタラクティブになった。簡単なWebベースのインターフェースを採用した新しい“TermContribution機能”を使用することで、用語をすばやく提案できる。また、ユーザは、新規または既存の用語に対して、検証に役立つコメントを簡単に追加できる。“TermContribution機能”は、用語の採集機能とも統合され、チェックしたドキュメントの中にある新規の用語を、簡単に提案できるようになっている。これらの機能により、効率的、インタラクティブに、用語の検証を進められる。

 “acrolinx IQ 再利用”モジュールの使い勝手も、向上している。ライティング時に、言語学的に類似していると判断されたコンテンツを提案することで、コンテンツの再利用を促進する。ドキュメントをチェックした時に、再利用の提案を通じて、ユーザは既存のコンテンツを容易に見つけられる。また、Webベースの検索機能を使用することで、キーワードやフレーズでも検索できる。数回のクリック操作で、“acrolinx IQ 再利用”を翻訳メモリのコンテンツに接続できる。既に翻訳されている文章を再利用することで、翻訳メモリの効果を活用でき、製品をグローバルに展開する時のコストを削減できる。

 プラグインの開発スピードを向上するプラグインSDKもリリースされた。更に、APIのサポートが拡張されたことで、サードパーティー製のアプリケーションと「acrolinx IQ」との統合を更に容易に行なえる。

 新しいエンタープライズ版「Batch Checker」では、“一括チェック”に加え、“チェックと適用”/“Webサイトチェック”を行なえ、様々なドキュメントに対して用語のチェックをかけ、一括で変更を適用できる。Webサイト全体をクロールし、スペル、文法、スタイル、用語、コンテンツの再利用性についての問題をチェックすることもでき、更に効率的に製品情報の品質向上を図れる。


出荷日・発売日 2010年9月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031201


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ