テクマトリックス、Java対応自動テストツールなどの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


テクマトリックス、Java対応自動テストツールなどの新版を出荷


掲載日:2010/09/02


News

 テクマトリックス株式会社は、米国Parasoft Corporationが開発したJavaアプリケーション開発の単体テストと静的解析を自動化するJava対応自動テストツール「Parasoft Jtest 9.0」日本語版と、SOA(Service Oriented Architecture)やWeb技術をベースにしたアプリケーションシステムを支援するテストツール「Parasoft SOAtest 9.0」を、9月30日より出荷する。

 「Jtest」は、テスト工数の削減と安全で高品質なJavaアプリケーションの開発をサポートする。「Jtest 9.0」では、更なる品質向上と開発工数の削減を図れる新機能“実行時エラー検出機能”(オプション)が追加され、単体テスト時、またはアプリケーション実行時に、アプリケーションのクラッシュにつながる問題や、スレッド処理にともなうデッドロックといったエラーを自動検出できるようになった。同時にJavaソースコードのカバレッジを取得でき、従来のJUnitを使用した単体テストレベルのソースコードカバレッジ分析から、機能テストレベルのソースコードカバレッジ分析まで様々なカバレッジ情報を取得できる。

 AndroidやHIPAAに対応した静的解析ルールセットを搭載している。また、単体テスト機能、バグ探偵(フロー解析)の解析スピードが向上したほか、ソフトウェア開発プロセス管理ツール「Parasoft Concerto」との統合機能を備えている。

 「SOAtest」は、安全で信頼性が高いWebアプリケーションシステムを開発するためのテストツール。「SOAtest 9.0」では、Webアプリケーションテスト機能も搭載され、WebアプリケーションコンテンツとWebサービスとのデータ連携が発生するアプリケーションなどでも、実際の本番環境に近い機能・負荷テストを行なえる。サービスを構成する各サーバとクライアントが未接続でも、「SOAtest」内部の仮想のサーバまたはクライアントを使用して、それぞれを独立してテストを実行できるため、開発の早い段階からWebサービスの整合性、機能、パフォーマンス、セキュリティを確認でき、問題の原因追及と修正の作業を容易に行なえる。

 実行時エラー検出機能(Jtest Connectオプション)を備えているほか、セキュリティ機能、クライアント/サーバシミュレーション機能、負荷テスト機能が強化された。「Parasoft Concerto」との統合機能を備えている。


出荷日・発売日 2010年9月30日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031158


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ