提携:ビジカなど、RFID・NFC対応ソフトウェア開発環境を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ビジカなど、RFID・NFC対応ソフトウェア開発環境を提供


掲載日:2010/09/01


News

 株式会社ビジカ・ビジネスシステム(ビジカ)と株式会社オレンジタグスは業務提携を行ない、システムインテグレータ向けにNFC(Near Field Communication)ソフトウェア開発環境を装備したKiosk端末を、提供する。

 今回提供されるKiosk端末では、ビシカが提供するレディメイドKiosk端末に、オレンジタグスの「RFID初心者向けNFCソフトウェア開発スタートキット」を提供することで、システムインテグレータがFeliCaカード、MIFAREカードを活用したKiosk端末を工数をかけずに開発できる環境が提供される。また、URL転送、携帯ブラウザ起動、などの“おサイフケータイ”を利用するシステム開発も行なえる。

 カスタマイズ可能なレディメイドKiosk端末にRFIDのAPI、店頭販促・ポイント管理・スタンプ・ルーレット抽選プログラムとソースコードがバンドルされて提供されるため、システムインテグレータの開発工数の削減を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

サイバー攻撃からビジネスを守るために知っておきたい「キルチェーン」とは 【CA Technologies】 物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? 【CA Technologies】 「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ 【CA Technologies】 外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは? 【CyberArk Software】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
サイバー攻撃からビジネスを守るために知っておきたい「キルチェーン」とは 物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? 「インサイダー脅威」の犯人は誰か? 調査で見えた意外な弱点 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ 外部/内部攻撃を共通点で阻止――攻撃サイクルの最重要「遮断ポイント」は?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031138


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ