サードウェア、オープンソースのクラスタサポートを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サードウェア、オープンソースのクラスタサポートを強化


掲載日:2010/09/01


News

 株式会社サードウェアは、DRBD/Heartbeatの開発元の、オーストリアLINBIT Information Technologies GmbHとの連携を強化し、サポートのレベルを強化した「DRBDクラスタスタック・サポート」の提供を、開始した。

 今回提供される「DRBDクラスタスタック・サポート」は、サポート対象ソフトウェアを、最大4台のコンピュータ間で大容量のデータをリアルタイムにレプリケートできる、LINBITが開発するオープンソース・ソフトウェア「DRBD」、オープンソースのクラスタ管理システム「Heartbeat」(LINBITが開発)/「Pacemaker」、関連ソフトウェアとしていて、これらに対してLINBITと連携してソースレベルのサポートを提供する。

 契約ユーザはLINBITが提供する実行形式(バイナリ)パッケージの新版をサポート対象システムに随時ダウンロードしてインストールできる(サブスクリプションサービス)。また、サポート対象システムのインストール、設定に関する問題へのサポートは、初回契約から30日間は回数無限定でサポートされる。

 サポート対象システムの運用・保守にともなって生じた問題を解決するためのサポートが提供され、グレードによってはサポート回数は無制限になる。また、様々なアプリケーションに対応した複数のリソースエージェントがサポートされる。ほとんどのリソースエージェントに対して、追加料金は発生しない。今回の改訂により、サポートできる業務システムがより明確化され、ユーザは適切なサポートを選択しやすくなる。

 なお「DRBDクラスタスタック・サポート」の価格は、従来のLinux HAサポートに比べ、年間サポート料金が最大約40%値下げされていて、「ブロンズ」が36万円、「シルバー」が48万円、「ゴールド」が60万円、「プラチナ」が72万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031137


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ