レムトス、住所情報クリーニングを従量課金制で行なう製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レムトス、住所情報クリーニングを従量課金制で行なう製品を提供


掲載日:2010/08/31


News

 株式会社レムトスは、顧客情報の住所データクリーニングを従量課金制で行なう新製品「漢帝 住所クリーニングシステム」を、9月1日より提供する。価格は、30万円からとなっている。

 「漢帝 住所クリーニングシステム」は、住所に通じた住所辞書メーカーが開発した製品で、使用期限内は最新の住所辞書を毎月ダウンロードできるため、精度に優れた最新の住所データへ情報を変換できる。例えば、“〒336-0011 埼玉県浦和市高砂1丁目23番4号”という古い住所データを“〒330-0063 埼玉県さいたま市浦区高砂1‐23‐4”に変換できる。また、都道府県・政令指定都市の市名・郡名の欠如の補てんや、重複の削除、異体字の常用漢字への変換なども可能になっている。

 従量課金制なので、ユーザ企業以外(関連会社のデータや商用利用など)の受託データクリーニング処理にも利用できる。ポイント制を採用しており、プログラムによる訂正の有無に関わらず、1件の住所処理につき一律1ポイントで処理できる。変換できなかった住所処理については、ポイントは消費されない。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ETL」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ETL」関連情報をランダムに表示しています。

「ETL」関連の製品

BusinessSPECTRE 【電通国際情報サービス】 データ統合プラットフォーム Informatica PowerCenter 【インフォマティカ・ジャパン】
ETL ETL
SAP ERPに格納された大量のデータを素早く抽出し、様々な用途に活用するためのデータ連携フレームワーク。会計・販売レポートや経営分析、他システム連携などに活用可能。 優れた拡張性と高パフォーマンスを兼ね備えたエンタープライズデータ統合ソリューション。あらゆるシステム上のデータを、形式を問わずにシームレスに統合する。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031117


IT・IT製品TOP > データ分析 > ETL > ETLのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ