CTC、クラウドサービスにセキュリティサービスを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CTC、クラウドサービスにセキュリティサービスを追加


掲載日:2010/08/30


News

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、パブリッククラウドサービス「TechnoCUVIC Pro」のラインアップに、トレンドマイクロ株式会社の総合サーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security」を利用したセキュリティサービスを追加し、9月より提供する。

 今回追加されるセキュリティサービスでは、仮想環境上のOSやミドルウェア、Webアプリケーションのセキュリティ対策の環境が提供される。クラウド型のサービスなので、ユーザ側のシステムに新たなシステム投資は不要で、セキュリティ対策を行ないたいサーバ数に応じて料金が設定されているため、短期間/低コストでの利用に対応する。

 「Trend Micro Deep Security」は、サーバのセキュリティに求められる5つの機能(IDS/IPS、Webアプリケーションプロテクション、ファイアウォール、改ざん検知、セキュリティログ監視)を備えており、OSやアプリケーションなどの脆弱性を狙った攻撃や、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング(XSS)による攻撃からサーバを保護する。また、システムの動作を監視し、不正なシステム改ざんを検知するなど、多層的にサーバを保護する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイアウォール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイアウォール」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイアウォール」関連の製品

NextGen Firewall Xシリーズ(旧 Barracuda Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 NextGen Firewall Fシリーズ(旧 NextG Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? 【日商エレクトロニクス】 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 【ジェイズ・コミュニケーション】 クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 【日商エレクトロニクス】
ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール
通常のL3/L4ファイアウォール機能に加え、アプリケーションとユーザの可視化・制御機能を備えたL7対応の次世代ファイアウォールアプライアンス。 UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。
L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。
DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031098


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ