パナソニック電工ネットワークス、省電力の8ポートPoEハブを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パナソニック電工ネットワークス、省電力の8ポートPoEハブを発売


掲載日:2010/08/30


News

 パナソニック電工ネットワークス株式会社は、省エネ法の“トップランナー基準”をクリアしたタップ型PoE(Power over Ethernet)給電スイッチングハブで、給電容量の向上と静音性を両立した「Switch-S8PWR」を、10月1日より発売する。価格は、6万8250円(税込)となっている。

 「Switch-S8PWR」は、10BASE-T/100BASE-TXポートを8ポート備えている(給電可能なのは1〜7ポート)。“トップランナー基準”のクリアに加え、“省電力モード機能”により、各ポートの接続状態を自動的に検知し、機器が接続されていないポートの電力消費を抑制させることで、運用レベルでも消費電力削減を図れる。更に、各ポートのリンク状態や通信状況を示すLEDランプを強制的に消灯する“ECOモードLED機能”も搭載している。

 PoE給電容量が1ポートあたり7W、計49Wに向上したため、近年多機能化により消費電力量が多くなったIP電話も接続できる。ファン非搭載で静音性に優れている上、幅201mm×奥行き88mm×高さ46mmと小型で、デスクサイドなど事務所内の設置に適している。


出荷日・発売日 2010年10月1日 発売
価格 6万8250円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワークハブ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワークハブ」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031092


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ネットワークハブ > ネットワークハブのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ