プラネックス、天井への設置に適したPoE受電11n無線LAN APを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


プラネックス、天井への設置に適したPoE受電11n無線LAN APを発売


掲載日:2010/08/30


News

 プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、PoE受電に対応した、300Mbps対応のIEEE802.11n 無線LANアクセスポイント(AP)「EQN-AP300E」を、9月上旬より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「EQN-AP300E」は、PoE受電に対応しているため、PoE給電スイッチやPoE給電アダプタに接続すれば、通信と電源をLANケーブル1本でまかなえ、電源ケーブルが不要になる。天井など、電源の確保が難しい個所への設置に適している。会議室など人が多く集まる場所では、天井に設置することでより安定した電波を供給できる。また、ACアダプタによる受電にも対応しており、設置環境に合わせて受電方法を選択できる。有害物質の使用量を規制する“RoHS”に対応している。


出荷日・発売日 2010年9月上旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】
無線LAN 無線LAN
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031088


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ