セリック、Webアプリとして動作する文書管理システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


セリック、Webアプリとして動作する文書管理システムを発売


掲載日:2010/08/27


News

 株式会社セリックは、Webアプリケーションとして動作する高機能な文書管理システム「FilingROBO」を、9月より発売する。

 「FilingROBO」は、業務資料などの電子ファイルを自動で収集し登録する機能や、リッチクライアント技術による直感的に分かりやすい操作性などを備えており、スムーズな管理と情報共有を図れる。また、サーバライセンスのみの料金体系で提供されるため、コストを抑えた導入、運用を行なえる。

 サーバ内にある電子ファイルを監視し、収集から所定の保管場所への登録まで全自動で動作する、“ロボット”といえる機能を備えており、必要なファイルを探さずに管理、閲覧できる。文書の保存先として、書庫、キャビネット・フォルダなどの階層を自由に設計・生成でき、階層のアクセス権限をグループ・個人レベルで設定できる、認証、アクセス権限制御機能を備えているほか、操作ログ管理(ログファイルの書き込み、オン/オフ設定、容量管理など)を行なえる。

 複合機を使用した文書登録では、文書の階層情報、検索キーワードなどを含めたQRコード付きカバーシートが作成・印刷され、文書本体と一緒にスキャニングすることで、所定の場所に自動的に登録される。Webブラウザを利用して、文書の階層や本体のキーワード検索を行ない、内容の閲覧・印刷を行なえる。直感的に分かりやすい画面構成を採用しているほか、リッチクライアント技術によるスムーズな操作性と安定性を備えており、Webアプリケーションにありがちな操作性の不満に対処している。

 なお価格は、サーバ1台につき50万円(初期導入費用含む)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 サーバ1台につき50万円(初期導入費用含む)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

Windows Server 2008サポート終了までにやっておきたい、ファイルサーバ移行 【ジャストシステム】 文書管理システム 「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】 エンタープライズコンテンツ管理(ECM) OnBase 【Hyland Software】 SaaS型文書管理パッケージ Documal SaaS 【富士通】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
「Windows Server 2008/2008 R2」の延長サポート終了が2020年1月14日に迫っている。残された時間を、ファイルサーバを見直す最大のチャンスと捉えよう。 文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をPCで操作でき、ネットワーク経由でのやりとりを可能にすることで、業務を効率化する。 紙文書を含む多様なコンテンツの統合管理/情報活用/ワークフロー化/業務システム連携などを容易に実現するエンタープライズコンテンツ管理(ECM)ソリューション。 インターネット環境があれば、どこからでも利用できる、SaaS型の文書管理・ワークフローサービス。 オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031081


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ