アビーム、「Panaya」でSAPシステムのメンテナンスコストを削減

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アビーム、「Panaya」でSAPシステムのメンテナンスコストを削減


掲載日:2010/08/26


News

 アビームコンサルティング株式会社(アビーム)は、イスラエル・Panaya Ltd.(パナヤ社)とパートナー契約を締結し、SAPシステムのメンテナンスツール「Panaya」を活用したTCO削減ソリューションサービス「SAPシステム TCO削減 Solution powered by Panaya」を、本格的に開始する。

 「Panaya」は、パナヤ社のコード解析技術を適用した、クラウド・コンピューティング型調査分析ツールで、SAPシステムのライフサイクルにおけるアップグレードやサポートパッケージ適用時の影響プログラムの特定、修正方法の提示、適切なテスト範囲の抽出などを行なう。

 今回開始されるサービスでは、SAPシステムのアップグレード、サポートパッケージ適用時に、アビームの導入、運用・保守ノウハウに「Panaya」のツールを組み入れて提供する。これにより、工数を削減できると同時に高品質なサービスの提供を行なえる。

 「SAP ERP6.0」へのアップグレードでは、「Panaya」を活用することで、事前調査フェーズでは、プログラムの修正個所や単体テスト範囲を自動的に分析する。また、調整フェーズでは修正方法の提示(一部自動修正)による効率化を図れるほか、テストフェーズではテスト範囲の絞り込みによるテスト省力化を図れる。これにより、アップグレードプロジェクトの工数を通常に比べ、30〜50%(パナヤ社試算)の削減を図れる。

 また、「SAP ERP6.0」のサポートパッケージを適用する際、アップグレードと同様に事前調査、調整、テストの各フェーズで工数の削減を図れる。

 今後は、エンハンスメントパッケージ適用にもサービスを拡大する予定。

 なお価格は、ユーザのSAP ERP環境により異なる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他基幹系システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他基幹系システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

財務統合管理システム 「Fusion」 【Profit Cube】 HULFT運用管理の最適化・自動化ツール「HULFT-HUB」 【セゾン情報システムズ】 AsReaderApps 【アスタリスク】 固定資産管理ソリューション ProPlus Fixed Assets Suite 【プロシップ】 出張手配サービス J'sNAVI Jr. 【JTBビジネストラベルソリューションズ】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
借入/貸付金、有価証券や社債などの財務データをグループ企業全体で一元管理。必要に応じてモジュールの段階的な導入も可能。会計システムへの仕訳出力機能も標準で実装。 複数の拠点で利用されるHULFTのデータ連携網を「見える化」し、その正確な管理と運用の最適化を実現する。1:1のファイル転送だけでなく、n:nの連携を可能にする。 iPhone/ iPod touchにインストールして使用するクラウド型業務アプリケーションサービス。バーコードだけでなく、RFID対応のアプリケーションもある。 4100社超の導入実績を誇り、進化し続ける固定資産管理ソリューション。IFRS対応はもちろんキメ細かな固定資産管理を実現。多言語・多通貨にも対応。 各企業が利用中のワークフローとシームレスに連携し、出張のチケット手配などを最適化・効率化できるクラウド型サービス。コーポレートカード利用明細データの連携も可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031060


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ