ヤマハ、中小向けギガビット対応ブロードバンドVoIPルータを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ヤマハ、中小向けギガビット対応ブロードバンドVoIPルータを発売


掲載日:2010/08/26


News

 ヤマハ株式会社は、中小規模ネットワーク・SOHO向けのブロードバンドVoIPルータ「NVR500」を、10月下旬より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「NVR500」は、VPN(PPTP)・VoIP・一般電話網(ISDN/アナログ)などに対応したオールインワンルータ。WAN×1・LAN×4の計5ポートすべてがギガビットに対応している。ルーティング性能(スループット)は最大1Gbps、実効800Mbpsを達成している。本体サイズは幅220mm×奥行き161.9mm×高さ41.5mm(突起部含む)で、中小拠点で求められる省スペース性と性能の両立が図られている。

 USBポートにデータ通信端末(別途必要)を接続することで、3G携帯電話網を利用してインターネットに接続できる。有線回線未提供エリアでの常時接続や、バックアップ回線、有線回線工事完了までの臨時の回線など、様々な用途に使用できる。

 保守管理機能では、ISDNリモートセットアップ、SSHサーバ機能、ファームウェア・ダウンロード・ボタンなど従来からの機能に加え、電源切断時にログを不揮発性メモリに保存するパワーオフログ保存機能や、外部メモリ(microSD/USBメモリ/USB HDD)に保存したファームウェア/コンフィグからの起動機能などが拡充されている。

 アナログ電話、ISDN、内線VoIP、ネットボランチ電話に加え、東日本電信電話株式会社/西日本電信電話株式会社が提供する「フレッツ光ネクスト」の「ひかり電話」に対応している。また、外部メモリを接続して、同製品をファイルサーバとして使用できる。ログを外部メモリに記録させるように設定すれば、PCからログを容易に確認できる。

 ユーザごとにGUI画面を変更できるカスタムGUI機能や、ルータに各種のプログラムを設定できるLuaスクリプトにも対応している。Luaスクリプトでプログラムすることで、同製品の状態監視、解析、管理者へのメール送信、更には同製品自身の設定変更も自動化できる。


出荷日・発売日 2010年10月下旬 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031042


IT・IT製品TOP > 通信サービス > VoIP > VoIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ