事例:大塚商会がEMC製品とVMwareで複数拠点の文書を一元管理

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:大塚商会がEMC製品とVMwareで複数拠点の文書を一元管理


掲載日:2010/08/25


News

 EMCジャパン株式会社は、株式会社大塚商会が、EMCのユニファイドストレージ「Celerra NS-120」とVMwareの仮想化技術を採用したことで、複数拠点にまたがるシステム・エンジニアが毎月生成する2000ものドキュメントの一元管理と、社内のドキュメントを格納しているファイル・サーバの統合管理のレベルを向上したと、発表した。

 大塚商会では従来、各拠点で生成されるドキュメントを各拠点のサーバに保管していた。そのため、これらのドキュメントが顧客対応に必要になるたびに、顧客の保守サポートを行なっている「たよれーる」サポートセンタにデータを転送していた。しかしリアルタイムに更新できないため、必要な時に必要なデータにアクセスする際に時間がかかってしまうことがあった。

 そこで、ドキュメントの一元管理と管理レベルの向上を図り、サーバの統合を含む新システム構築を、2008年12月に決定した。新システムは仮想化構成とし、将来的にはファイル・サーバ以外の他のアプリケーション・サーバもこの新システム上で仮想統合するための基盤として「Celerra NS-120」とVMwareを選択した。

 「Celerra」の採用理由になったのは4点。大容量ディスクを効率的に利用できるシン・プロビジョニング機能やレプリケーション、バックアップ機能といった、優れた機能性が評価されたほか、障害対応がほとんど発生しない堅牢性の実績や、NAS/FC/iSCSIなど接続の選択肢の多さ、またコストパフォーマンスが評価された。

 新システムが構築されたことで、「たよれーる」サポートセンタのスタッフは、必要なデータにいつでもアクセス可能になり、最新ドキュメントを参照できるようになった。ストレージを統合したことで容量も増大し、これまで保管をあきらめていたドキュメントも納められるようになった。ディスクからディスクへのバックアップも可能になり、拠点ごとに発生していたテープ・バックアップが不要になったため、年間の運用管理コストの削減が見込まれている。また、物理サーバの削減も達成し、オフィススペースの有効活用が可能になった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

x86サーバで徹底検証 NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? 【レノボ・ジャパン】 ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 エントリーモデルでも“使える”フラッシュストレージ「m10」 【東京エレクトロン デバイス】 10ベイ NASサーバ AS7010T 【シー・エフ・デー販売】 HDD並みの価格で実現するオールフラッシュストレージの4つの効果 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
NAS NAS NAS NAS NAS
x86サーバで徹底検証、NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 大規模向けと思われがちなファイバーチャネル接続SANだが、エントリーモデルも見逃せない。検証済み構成で、導入から運用を一括して頼めるフラッシュストレージを紹介。 大容量で高い性能でありながら、非常にコンパクトなサイズで低価格であるため、大企業のみならず中堅・中小レベルでも導入しやすいNAS。 知らないと恥ずかしい オールフラッシュ導入による4つの恩恵

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031028


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ