G-DEP、GPUコンピューティングを簡単に利用できるライブラリ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


G-DEP、GPUコンピューティングを簡単に利用できるライブラリ発売


掲載日:2010/08/25


News

 日本GPUコンピューティングパートナーシップ(G-DEP、日本GPUコンピューティング有限責任事業組合)は、大学・研究機関や製造業R&D部門をおもな対象に、プロメテック・ソフトウェア株式会社(プロメテック)が開発したマルチGPU対応の反復解法高速化ライブラリ「Prometech MCL」を、発売する。

 プロメテックでは、東京大学・奥田洋司教授との共同研究のもと、NVIDIA社が科学技術計算を高速化するために新しく設計したGPUアーキテクチャ“Fermi”を活用して、メモリアクセスが不規則なシミュレーションを高速化する問題に対処してきた結果、“反復解法”(CG法)の高速化を達成、NVIDIA Tesla C2050を3枚使用することで、CPUに比べ最大で10〜15倍速のパフォーマンスを達成した。

 今回発売された「Prometech MCL」では、GPUコンピューティングをより簡単に利用でき、流体・構造・熱・振動・電磁場などの解析を行なっている研究者・技術者は、プログラムに組み込むことで、マルチGPUを活用して、プログラムの高速化を図れる。マルチGPUにも対応しており、エンジニアリング用途に適している。

 なお価格は、年間ライセンスが47万5000円、買取ライセンスが120万円、教育用年間ライセンスが18万5000円となっており、30日間機能限定なしで無料で評価できる無料評価ライセンスも用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031024


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ