F5、アプリケーション・デリバリ機能を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


F5、アプリケーション・デリバリ機能を強化


掲載日:2010/08/23


News

 F5ネットワークスジャパン株式会社(F5)は、マイクロソフトのソリューションを導入しているユーザによる、変化するビジネスニーズに迅速に対応するダイナミック・インフラストラクチャの構築を支援するため、アプリケーション・デリバリ・ソリューションを強化したと、発表した。

 今回、F5は、マイクロソフトとのパートナーシップを拡大し、Microsoft System Centerなどのマイクロソフト製品と組み合わせて、F5 Management Pack for System Center Operations ManagerやBIG-IP Local Traffic Manager Virtual Edition(BIG-IP LTM VE)を導入するメリットを、強化した。

 仮想化やクラウド・アーキテクチャモデルのサポートが強化され、ハードウェア・アプライアンスと仮想アプライアンスといった物理・仮想両面のソリューション・ラインアップを提供することで、Microsoft System Center Virtual Machine ManagerやWindows Server 2008 R2 Hyper-V環境での仮想ロードバランシングなどの統合運用を可能にする。BIG-IP LTM VEを採用した場合、ハードウェア環境構築などの追加のコストや時間をかけずに、データセンタ環境を迅速に拡張できる。

 マイクロソフトのツールキット「Dynamic Datacenter Toolkit」に、F5のソリューションが統合されることで、仮想マシンの導入に要する時間の短縮を図れるとともに、仮想アプリケーションのプロビジョニング、ネットワーク・トラフィックの再構成、包括的なヘルスモニタリングなどの仮想化やクラウド・システムの運用に求められる機能の構築が簡素化される。F5のBIG-IPとマイクロソフト製品が密接に連動することで、マイクロソフトのアプリケーション環境全般で統一されたビューで、F5ソリューションの運用が可能になった。

 また、F5のiControl APIやiRulesなどの柔軟な開発ソリューションにより、アラートのしきい値、レポートのパラメータ、リソースのプロビジョニングをカスタマイズできるほか、包括的なアプリケーション・トラフィック管理機能、可視性、運用管理性がきめ細かなレベルで提供される。

 これらにより、ITインフラ全体のリソース、アプリケーション、再利用性のある統合サービスをネットワーク上で提供する“ストラテジック・ポイント・オブ・コントロール”を配置できるようになる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「シンクライアント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

「シンクライアント」関連の製品

川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 【パラレルス】 HP Moonshot HDI シンクライアントソリューション 【アクシオ】
シンクライアント シンクライアント
川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 HDI(Hosted Desktop Infrastructure)は、継続したパフォーマンスを提供できるハードウェア占有型のシンクライアントソリューション。ネットワーク分離用途にも適用可能。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030992


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ