センチュリー・システムズ、暗号2010年問題対応のVPNルータ出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


センチュリー・システムズ、暗号2010年問題対応のVPNルータ出荷


掲載日:2010/08/20


News

 センチュリー・システムズ株式会社は、“暗号2010年問題”にも対応した、ギガビット/モバイルVPNルータ「FutureNet NXR-125/CX」を、9月中旬より出荷する。価格は、7万5000円となっている。

 「FutureNet NXR-125/CX」は、5つのギガビットイーサネットポート(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T×1、4ポートスイッチングハブ×1)と無線通信用ポート(USBポート×2、Expressカードスロット×1)を備え、FTTHから3G回線まで利用できる。IPフォワーディング性能は最大約1Gbps、IPsecを利用したVPNで最大約210Mbpsで、小規模オフィスや事業所向けのネットワークを構築するための機能と運用性を備えている。

 VPN機能(IPsec)が拡張されており、従来の“Policy Based IPsec”に加え、“Route Based IPsec”に対応しているため、NAT/NAPTを適用できる。マルチキャストパケットの送受信も可能で、直接IPsec上でOSPFなどのルーティングプロトコルを使用できる。“暗号2010年問題”への対応やIKEv2対応も行なわれている。

 運用管理面では、GUIやコマンドラインによる設定に加え、リモート管理サーバアプライアンスやASP型のリモート管理サービスからの一括管理に対応しており、リモート管理ツールからの設定の変更、ファームウェアの一括更新、ダイナミックなVPNの管理をGUI操作で容易に行なえる。更に、データ通信を継続しながら、ファームウェアのダウンロード、書換えを行なえるため、ファームウェア更新時のサービス停止時間の短縮を図れる。

 NTT東西が提供している帯域確保型のサービス「データコネクト」にも今後対応する予定で、POSやクレジットカードデータを扱うような店舗向けの通信を統合するVPNルータとしても利用できる。また、2010年内にはL2VPN(L2TPv3)の性能を高速化したファームウェアを提供するほか、4ポートスイッチングハブは今後、ポートVLAN、タグVLAN(IEEE802.1Q)、マルチプルVLANに対応予定。

 消費電力の低減に配慮しており、消費電力は5つのイーサネットポートを同時に使用した場合、ファーストイーサリンクの最大負荷時で5.3W(アイドル時4.6W)、ギガビットイーサリンク時の最大負荷時で7.9W(アイドル時7.2W)を達成している。また、スイッチングハブに接続されたLANケーブル長を自動判定し、波形振幅の抑制をすることでギガビット通信時の消費電力を抑制する機能にも対応している。


出荷日・発売日 2010年9月中旬 出荷
価格 7万5000円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-VPN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-VPN」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-VPN」関連の製品

閉域ネットワークサービス EINS/MOW-DCAN 【インテック】
IP-VPN
ユーザ拠点とインテックのDCや各種クラウドサービスをシームレスに接続できる閉域ネットワークサービス。快適で信頼性の高いネットワークを低コストで利用できる。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030988


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-VPN > IP-VPNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ