提携:Networldなど、Webフィルタリングとアンチウイルスを連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:Networldなど、Webフィルタリングとアンチウイルスを連携


掲載日:2010/08/19


News

 株式会社ネットワールドとデジタルアーツ株式会社は、Webフィルタリングとアンチウイルスの統合セキュリティソリューションで協業し、デジタルアーツの企業・官公庁向けWebフィルタリングソフト「i-FILTER」と、株式会社シマンテックのHTTPウイルス対策ソフト「Symantec AntiVirus for Caching」との機能を連携統合した新製品を、ネットワールドが発売した。

 「i-FILTER」は、Web上の脅威となるサイトへのアクセスや、掲示板、ソーシャルメディア、Webメールを経由して発生しうる情報漏洩を未然に防止できるほか、Webの私的利用による業務効率の低下やネットワークリソースの浪費を回避できる。

 「Symantec AntiVirus for Caching」は、ウイルス感染したファイルがネットワークへ侵入してネットワーク全体に広がることを防ぐために、キャッシュデバイス経由でHTTPとFTP over HTTPトラフィック向けのウイルススキャン/駆除を提供する。

 ネットワールドは、「i-FILTER」とシマンテックのセキュリティ製品の販売や保守を行なっている。今回、シマンテックとの技術協力により、「Symantec AntiVirus for Caching」の機能を「i-FILTER」に連携させることで、HTTP/HTTPSの送受信データをスキャンしてウイルスが発見された場合はアクセスをブロックし、ウイルスの脅威から社内ネットワークを保護できる(HTTPS通信のコンテンツスキャンにはオプションの「SSL Adapter」が必要)。これにより設定ファイルやアクセスログ、ウイルススキャン結果などを一元管理でき、HTTPのセキュリティ対策をより効率的かつ確実に実施できる。


出荷日・発売日 2010年8月18日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「フィルタリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フィルタリング」関連情報をランダムに表示しています。

「フィルタリング」関連の製品

大学・研究機関の機密情報保護対策 【NECソリューションイノベータ】 Web Security Gateway(旧 Web Filter) 【バラクーダネットワークスジャパン】 InterSafe MobileSecurity 【アルプス システム インテグレーション】 「研究を停滞させずに守る」大学・研究機関に適した情報保護対策 【NECソリューションイノベータ】 クラウド型Webフィルタリングサービス InterSafe CATS 【アルプス システム インテグレーション】
フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング
大学・研究機関の機密情報保護、研究効率を落とさず「画像・資料の複製」を禁止 コンテンツフィルタリング、アプリケーション防御、マルウェアプロテクションを1台で行える統合型ソリューション。 Web閲覧やアプリ利用、社内アクセスまで一括制御できる、専用アプリ不要のスマートデバイス向け統合セキュリティサービス。Safariがそのまま使え既存システムに影響なし。 「研究を停滞させずに守る」 大学・研究機関に適した情報保護対策は? クラウド型だから、初期投資が不要で運用管理もラク
マルチデバイスにWebフィルタリングをかけ、不要or危険サイトへのアクセスを制限し、ウイルス感染や情報漏洩を防止

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030947


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ