提携:MJS、ERPとウイングアークのデータ活用製品を連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:MJS、ERPとウイングアークのデータ活用製品を連携


掲載日:2010/08/18


News

 株式会社ミロク情報サービス(MJS)とウイングアーク テクノロジーズ株式会社は協業し、MJSの中堅企業向けERPシステム「Galileopt」とウイングアークのデータ活用ソリューション「Dr.Sum EA」の連携ソリューションを、MJSが提供開始した。

 「Galileopt」は、財務/人事給与/販売管理などのバックオフィス機能や、J-SOX対応など内部統制機能に加え、EIP(企業情報ポータル)やワークフロー、EIS(経営情報システム)、BI(ビジネスインテリジェンス)などのフロントオフィス機能を備えている。IFRSコンバージェンスにも対応している。

 「Dr.Sum EA」は、大容量のデータを部門間や全社規模で集計分析するためのデータ活用ソリューション。業務担当者から経営者やマネジメント層まで様々なエンドユーザが、蓄積された事業の収益性や販売実績などのデータを様々な角度で集計でき、容易に分かる形に可視化できる。

 今回の連携ソリューションにより、「Galileopt」内のデータだけでなく、CRMやSFA(営業支援)、POSデータなどの外部データを取り込んで分析できるようになった。これにより、顧客/製品/サービスなど様々な業務データを連携させ、様々な視点から多角的かつリアルタイムにデータを把握することで、経営動向を分析でき、経営の可視化を図れる。

 グループ親会社や子会社が他社製会計システムを運用している場合でも、簡易合併ツールとして活用できる。更に、DBが「Galileopt」とは独立しているため、社内で「Galileopt」を導入していない拠点や部署、子会社から分析データを参照でき、運用の幅を拡大できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

POSITIVE(タレントマネジメント、人事給与、勤怠管理) 【電通国際情報サービス】 FUJITSU Enterprise Application アドオンマイナンバーシステム 【富士通マーケティング】 kaonavi(カオナビ) 【カオナビ】 STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】 グローバル人材マネジメントサービス Cultiiva Global/HM 【NEC】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
1400社導入実績で培ったノウハウを活かした製品。人事・給与・就業管理だけでなく、タレントマネジメント支援やグローバル人事など広範な機能を網羅した統合人事パッケージ マイナンバーの申請・収集・保管及び申告帳票の出力を行うアドオン型のシステム。既存システムとの連携インターフェースを構築することで短期間・低価格の制度対応が可能。 経営と現場が人材情報を共有し、顔写真を見ながら人員の評価・配置・抜擢をスピーディに行うことができるクラウド型人材マネジメントシステム。 1000社の導入実績を持つ人事・給与・就業パッケージ。
ユーザニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。
社員のプロファイルを見える化。人材マネジメントに関わる目標管理、パフォーマンス管理、キャリア開発、後継者管理などを効率的に実行し、人材戦略の実行を支援する。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030926


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ