アシスト、Oracle Database稼働状況見える化サイトを11gR2に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アシスト、Oracle Database稼働状況見える化サイトを11gR2に対応


掲載日:2010/08/17


News

 株式会社アシストは、Oracle Database稼働状況の見える化サイト「パフォーマンス・セラピー」で、Oracle Database 11g Release2に対応し、更に“CPU使用率グラフ化機能”を装備し、提供を開始した。価格は、会員登録後30日以内は無償で、以降は1インスタンスで年額9万円となっている。

 「パフォーマンス・セラピー」は、Oracle標準のパフォーマンス分析ツール“Statspackレポート”からのパフォーマンス診断に加え、Oracle Databaseの利用状況や傾向をWebで容易に参照できるポータル・サイト。

 利用者は会員登録を行ない“Statspackレポート”をアップロードすることで、DBの稼働状況に関するグラフィカルな稼働レポートを参照できるほか、週次/月次とデータを定期的に登録していくことで、稼働状況の中長期的な傾向を把握でき、障害対策を検討できる。また、利用者が登録した情報を業種や業務カテゴリに分類して蓄積するため、同じような業務で使用している他のDBシステムと比較し、自システムの負荷状況の妥当性判断や、チューニングヒントの取得を行なえるほか、ハードウェア選定を行なう際の判断基準にすることができる。

 今回、Oracle Database 10g Release2以降の“Statspackレポート”に含まれるCPU使用率情報をグラフ化する機能が「パフォーマンス・セラピー」に追加され、CPUリソースを考慮したDB診断を行なえるようになった。これにより、Oracle Databaseに加えOSの稼働状況までを含めた総合的な診断を行なえる。

 また同社では、「パフォーマンス・セラピー」に、Oracle技術者による「データベース診断」や「SQLチューニング」などの各種サポート・サービスを組み合わせ、ユーザ企業におけるOracle Databaseの運用管理を総合的に支援していく。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030903


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ