提携:日本HP、店舗のPOS端末に適したPC 2機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:日本HP、店舗のPOS端末に適したPC 2機種を発売


掲載日:2010/08/06


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、シャープシステムプロダクト株式会社(SSP)と協業し、店舗のPOS(Point of Sale:販売時点管理)端末に最適化したPCの新製品2機種、コンパクトなデスクトップ型モデル「HP rp5700 Point of Sale System」と、15インチタッチスクリーンモニタと磁気カードリーダを一体化したオールインワンモデル「HP ap5000 All-in-One POS System」を、発売した。

 SSPは、POSトータルソリューションを提供する。また、ソフトウェアはヴィンキュラム ジャパン株式会社のPOSアプリケーションソフトウェア「ANY-CUBE Core」が動作確認済み(POS端末単体での動作確認)になっている。

 今回発売されたPOS端末は、業界標準のテクノロジーを使用しており、サードパーティ性のソフトウェアや周辺機器との親和性に優れており、ユーザはその時々で最新/適切な環境を構築できる。また、PC単体として業務使用に十分なスペックを備えているため、コーヒーショップ、小売専門店、ホテル、空港、映画館などのカウンターといったスペースの限られた場所での利用に適している。

 「rp5700」は、縦置き/横置きに対応するコンパクトな筐体を採用している。Powered USBポート4本を含む計10本のUSBポート、4本のPowered RS-232C Serialポートなど、様々な拡張性を備えている。2種類のプロセッサ(Core 2 Duo E7400/Pentium デュアルコア E2160)と3種類のプリインストールOS(POSReady 2009/Windows 7 Professional/Windows XP Professional SP3)の組み合わせによる6モデルが用意されている。純正オプションとして、15インチタッチスクリーンモニタ「HP L5009tm LCD TOUCH MONITOR」も用意されている。

 「ap5000」は、ケーブルレスのスタイリッシュな筐体デザインを採用し、背面にはカスタマーディスプレイ(20文字×2行)を備えている。また、背面に動画再生に対応可能な別売りオプションの10.4インチフルカラーモニタ「HP 10.4-inch ap5000 LCD Customer Display」を装着することで、関連商品のプレゼンテーションも行なえる。2種類のプロセッサ(Core 2 Duo E7400/Celeron 440)と、「rp5700」同様の3種類のプリインストールOSの組み合わせによる6モデルが用意されている。Core 2 Duo搭載モデルには、記憶装置として低消費電力でアクセス性能に優れた64GB SSDを採用している。


出荷日・発売日 2010年8月5日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030872


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ