IIJ、NetAppストレージのリモートバックアップを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IIJ、NetAppストレージのリモートバックアップを提供


掲載日:2010/08/06


News

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、大容量のストレージ(記憶装置)を廉価に提供するクラウド型ストレージ「IIJ GIOストレージサービス」を基盤として活用した、遠隔地バックアップ・ソリューション「IIJファイルサーバ リモートバックアップ for NetAppソリューション」を、10月より提供する。

 「IIJファイルサーバ リモートバックアップ for NetAppソリューション」は、ネットアップ株式会社(NetApp)のストレージを導入済または新規に導入するユーザを対象に、ユーザのNetAppストレージ内にあるデータを、ネットワーク経由で「IIJ GIO」ストレージに定期的にコピーし、遠隔地にデータの複製を保持するソリューション。ストレージ設備や、ユーザのNetAppストレージと「IIJ GIO」ストレージを接続するネットワーク、ユーザのNetAppストレージの設定変更支援、初期のデータ移行作業などを含めて提供される。

 クラウドサービスの柔軟性と拡張性を活かし、開始当初は最小限のディスク容量で利用できる。容量の拡張が必要になった場合は、必要量に合わせて段階的に、柔軟に拡張できる。また、基盤になる「IIJ GIO ストレージサービス」の設備は東日本と西日本に分散配置されているため、ユーザのNetAppストレージが設置されている場所から離れたバックアップサイトを東日本/西日本から選択できる。

 NetAppが提供するデータレプリケーション・ソフトウェア「SnapMirror」を利用しており、同ソフトウェアの差分バックアップ機能(前回バックアップ時点から変更の生じたデータブロックのみをバックアップする機能)により、バックアップデータ量の削減とバックアップ時間の短縮を図れる。

 今後、他社製ストレージでも同様のソリューションが提供される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

そのバックアップ、ランサムウェア対策になっていますか? 【アクロニス・ジャパン】 「バックアップ製品」に関するアンケート 【ノックス株式会社、アイティメディア株式会社】 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は 【arcserve Japan+他】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
ランサムウェアは対岸の火事ではない。国内でも多くの企業が被害に遭い、一時的に事業を停止せざるを得ない状況に追いこまれた。重要なのは「やられる前」の体制作りだ。 「バックアップ製品」のアンケート★回答でギフト券5000円分が当たる 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030864


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ