EPSON、印刷機能に優れた106桁水平型インパクトプリンタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EPSON、印刷機能に優れた106桁水平型インパクトプリンタを発売


掲載日:2010/08/05


News

 エプソン販売株式会社(EPSON)は、インパクトプリンタの106桁水平型のラインアップ強化として、複写能力や印刷速度などの印刷機能に優れた「VP-F2000」を、10月14日より発売する。価格は、11万8000円となっている。

 「VP-F2000」は、最多で7枚複写(オリジナル+6枚)に対応しているほか、印字速度は毎秒漢字全角146字/英数・カナ330字を達成している。12インチ幅までの伝票も給紙でき、業界標準の伝票“チェーンストア伝票”(卸業、流通業)や“産業廃棄物管理票、直行用マニフェスト/建設系廃棄物用マニフェスト”(産廃業/建設業)に対応する。更に、幅48cm×奥行き37cm、重量約6.8kgの軽量コンパクト設計により、店舗のバックヤードなどスペースの狭い場所での利用にも適している。

 インターフェースには、USBとパラレルを標準搭載しており、使用しているPCやシステムに合わせて接続方法を選択できる。また、Windowsドライバに“プリントスピードエンハンサー機能”による“高速モード”を搭載、標準のビットイメージとの比較でも印刷品位を落さずに高速印刷できるため、印刷業務の効率化を図れる。更に、スリープモード時約2.7Wの省電力設計でオフィスの電力消費節約を図れる。

 環境に配慮しており、グリーン購入法適合、欧州RoHS指令(2002/95/EC)準拠、国際エネルギースタープログラム適合といった各種規格に対応している。また、インクリボンのみを詰め替えて利用できるリボンパックが用意されているほか、使用済みリボンカートリッジの“引き取り回収サービス”も用意されている。

 システム提案・開発・導入支援サイト“エプソンパートナーズネット”で、「エプソンプリンター監視SDK(EpsonNet SDK for Windows)」が提供されており、同SDKに含まれる双方向通信APIは、Microsoft Windows上で動作するアプリケーションプログラムに、エプソン製プリンタの情報を取得する機能を提供するため、プリンタ監視機能を備えたシステムの構築を容易に行なえる。


出荷日・発売日 2010年10月14日 発売
価格 11万8000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030850


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ