NOP、オフィスビル省エネソリューションを多拠点管理などに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NOP、オフィスビル省エネソリューションを多拠点管理などに対応


掲載日:2010/08/05


News

 ネットワンパートナーズ株式会社(NOP)は、オフィスビル向けの省エネソリューション「CFMS by BX-Office」で、多拠点管理/拠点間連携に対応した新バージョン「CFMS-II」を、発売した。

 「CFMS-II」は、株式会社ユビテックの環境ソリューション「UBITEQ BE GREEN SOLUTION」製品である「UBITEQ-G-SERVER」/「UBITEQ-G-PILOT」に対応したほか、多拠点管理や各拠点同士での連携を可能にし、各拠点の電力使用量などをサーバで一元管理することが可能になった。これにより、データ解析/報告書作成/コンサルティングなど、企業の課題の解決を支援する。

 また、グループウェア「サイボウズ ガルーン」との連携(8月末から可能になる予定)によって、オフィス空間での会議室利用ステータスのリアルタイム表示を行なえる。これにより、会議室予約と連動したエネルギー管理や会議室利用状況の把握が可能になり、共有スペースを有効活用することによって、エネルギー消費の削減を図れる。


出荷日・発売日 2010年8月4日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5 【インターコム】 仮想化技術の普及に対応するIT資産管理のベストプラクティス 【ウチダスペクトラム株式会社】 ライセンス管理ソリューション 【日立ハイテクソリューションズ】 クライアント管理ソフト ManageEngine Desktop Central 【ゾーホージャパン】 仮想環境に潜むコンプライアンスリスク、監査請求の責任は誰に? 【ウチダスペクトラム】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。 「ライセンス管理不備で高額請求」の落とし穴を回避、理想のIT資産管理とは どのPCにどの契約のソフトウェアがインストールされているかを、低コストで可視化できるライセンス管理システム。 Windows、Macに対応した統合クライアント管理ソフト。パッチ・サービスパック配布、IT資産管理、リモートコントロール、USB制御などが可能。 仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030839


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ