日本シー・エー・ディー、不正接続対策機器の上位モデルを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本シー・エー・ディー、不正接続対策機器の上位モデルを出荷


掲載日:2010/08/05


News

 日本シー・エー・ディー株式会社は、不正接続検知/排除システム「IntraGuardian2」上位モデル「IntraGuardian2 EX」を、9月1日より出荷する。

 「IntraGuardian2」は、社員の私物ノートPCなどのいわゆる“持ち込みPC”が、無許可で社内ネットワークへ接続される“不正接続”を防止するためのアプライアンス(特定機能に特化した製品)。不正接続端末を検知すると即座に管理者宛に警告メールを送信できるほか、不正接続端末の通信をピンポイントで自動的にブロックできる。

 無線LAN経由の接続にも対応し、無線LANアクセスポイントを経由した不正利用にも対処できる。また、PCに加え、携帯ゲーム機やモバイル端末、OA機器など様々なネットワーク機器も検知・排除でき、ネットワーク環境の維持を支援する。

 Webブラウザから利用できる簡素な管理画面を備え、直観的に操作できる。専門知識が不要で、簡便な設定で直ちに利用可能になる。また、設置にあたり、既存のネットワーク環境の変更は不要になっている。

 今回出荷される「IntraGuardian2 EX」は、タグVLANに対応し、1台で最大16個のVLANセグメントに対応できる。クラスB相当(16ビット)のネットワークに対応し、各VLANセグメントあたり最大1万台の端末(MACアドレス)を登録できる。これにより、従業員1000人以上の企業内ネットワークを1台で監視できる。設置台数を削減できるため、導入から運用までの全体的なコストの削減を図れる。なお価格は、8VLAN版の「IG2EX-08VL」が24万円、16VLAN版の「IG2EX-16VL」が42万円(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 2010年9月1日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイアウォール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイアウォール」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイアウォール」関連の製品

NextGen Firewall Fシリーズ(旧 NextG Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 要件の変化に即応、拡張性重視のセキュリティゲートウェイ運用術 【マクニカネットワークス】 NextGen Firewall Xシリーズ(旧 Barracuda Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 サービスゲートウェイで実現する通信事業者レベルのセキュリティ 【マクニカネットワークス】
ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール
UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。
L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。
トラフィック増加も怖くない 拡張容易な次世代ファイアウォール 通常のL3/L4ファイアウォール機能に加え、アプリケーションとユーザの可視化・制御機能を備えたL7対応の次世代ファイアウォールアプライアンス。 より高度に、より堅牢に――”最高級”のセキュリティレベルを手に入れる

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030830


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ