MOTEX、PC/ネットワーク機器の資産管理ソフトをリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MOTEX、PC/ネットワーク機器の資産管理ソフトをリリース


掲載日:2010/08/04


News

 エムオーテックス株式会社(MOTEX)は、ネットワークセキュリティツール「LanScope Cat6」のエンジンを搭載したIT資産管理専用パッケージ「Asset Cat(アセットキャット)」を、リリースする。

 「Asset Cat」は、「LanScope Cat6」の7種の機能を必要に応じ組み合わせて導入できるパッケージ「ピースキャット」シリーズの第1弾で、IT資産管理に特化した機能のみをパッケージ化している。廉価に導入でき、企業のコンプライアンス遵守・業務負荷軽減を図ることができる。

 誰がどのPCを利用しているか、PCのハードウェア/ソフトウェア/USBメモリ接続情報を自動取得し台帳を作成でき、手間をかけずにIT資産管理やPCのライフサイクルマネジメントを行なえる。不正インストールやHDD容量不足などは管理者に即時通知されるため、資産環境の変化を管理できる。

 複雑なライセンス形態のソフトウェアなど、様々なライセンスを一元管理でき、購入数とインストール数の過不足を把握できるほか、ソフトウェアの稼働状況が数値で把握でき、ライセンスの要/不要を判断できる。

 容易にインストールファイルを作成し、自動配布/インストールを完了できる。セキュリティパッチ適用や業務アプリケーションの配布など、複数拠点のメンテナンスを工数をかけずに行なえる。

 なお価格は、50ライセンスが52万3000円から(要問い合わせ)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 Windows 10にいつ移行すべき? 今知るべきメリットと旧OSを使い続けるリスク 【日本マイクロソフト】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 Windows 10にいつ移行すべき? 今知るべきメリットと旧OSを使い続けるリスク ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030821


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ