日立ソフト、企業活動でのCO2排出量とコストの見える化を支援

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソフト、企業活動でのCO2排出量とコストの見える化を支援


掲載日:2010/08/03


News

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、企業活動でのCO2排出量とコストの“見える化”を支援するSaaS型サービス「CO2&コスト見える化システム」を、9月1日より提供する。

 「CO2&コスト見える化システム」は、同社が、日本興亜損害保険株式会社(日本興亜損保)と日本興亜損保のグループ会社であるエヌ・ケイ・リスクコンサルティング株式会社、ならびに株式会社リサイクルワンと協力して、日本興亜損保で環境への取り組みとして運用されている“CO2排出量算定にかかる基準”(以下、日本興亜基準)をベースに開発したシステム。“エネルギーの使用の合理化に関する法律の改法”(改正省エネ法)に対応した定期報告書や部門別CO2削減ランキングなどを表示するレポート機能により、企業内の環境活動を支援する。

 オフィスのCO2排出量に加え、営業・出張や通勤などオフィス以外で発生するCO2排出量も算定できる。また、入力した金額(コスト)の集計値とCO2排出量を合わせて画面に表示、管理でき、コストとCO2の同時管理を行なえる。組織ごとの各種レポート・ランキング機能も搭載し、社員の省エネ・省資源活動の促進を図れる。SaaS型で提供されるため、ハードウェア・ソフトウェアなどのIT資産を保有せずに利用できる。データは、堅牢性/信頼性に優れ環境負荷の少ないデータセンタで管理される。

 同システムは、「CO2&コスト見える化・削減支援コンサルティング」とともに、「CO2&コスト見える化サービス」の一部を構成する。同サービスでは、販売当初は、日本興亜損保がユーザの紹介斡旋を実施し、斡旋を受けた日立ソフトがSaaSサービス・メンテナンスを提供する。また、エヌ・ケイ・リスクコンサルティングとリサイクルワンが協力してCO2排出量の見える化・削減支援のコンサルティングを提供する。同サービスはまず首都圏で提供を開始し、大都市圏を中心に徐々に全国に展開を拡大する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日立ソフトウェアエンジニアリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】 IT資産管理サービス DREAMS 【ディーアールエス】 LanScope Cat Ver.8.3 【エムオーテックス】 統合IT資産管理ツール QND 【クオリティソフト】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。 IT資産管理に関するコンサルティング・資産の利用状況調査・管理ツールの提供と運用のアウトソーシングなど。PCレンタルを組み合わせた、トータルアウトソーシング。 IT資産管理、操作ログ管理、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、情報漏洩対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 クライアントPCの現状把握や台帳作成などの基本的な資産管理や、セキュリティ管理、ライセンス管理、PC操作ログ取得、外部メディア制御など、総合的な管理が可能。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030806


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ