日立ソフト、企業活動でのCO2排出量とコストの見える化を支援

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソフト、企業活動でのCO2排出量とコストの見える化を支援


掲載日:2010/08/03


News

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、企業活動でのCO2排出量とコストの“見える化”を支援するSaaS型サービス「CO2&コスト見える化システム」を、9月1日より提供する。

 「CO2&コスト見える化システム」は、同社が、日本興亜損害保険株式会社(日本興亜損保)と日本興亜損保のグループ会社であるエヌ・ケイ・リスクコンサルティング株式会社、ならびに株式会社リサイクルワンと協力して、日本興亜損保で環境への取り組みとして運用されている“CO2排出量算定にかかる基準”(以下、日本興亜基準)をベースに開発したシステム。“エネルギーの使用の合理化に関する法律の改法”(改正省エネ法)に対応した定期報告書や部門別CO2削減ランキングなどを表示するレポート機能により、企業内の環境活動を支援する。

 オフィスのCO2排出量に加え、営業・出張や通勤などオフィス以外で発生するCO2排出量も算定できる。また、入力した金額(コスト)の集計値とCO2排出量を合わせて画面に表示、管理でき、コストとCO2の同時管理を行なえる。組織ごとの各種レポート・ランキング機能も搭載し、社員の省エネ・省資源活動の促進を図れる。SaaS型で提供されるため、ハードウェア・ソフトウェアなどのIT資産を保有せずに利用できる。データは、堅牢性/信頼性に優れ環境負荷の少ないデータセンタで管理される。

 同システムは、「CO2&コスト見える化・削減支援コンサルティング」とともに、「CO2&コスト見える化サービス」の一部を構成する。同サービスでは、販売当初は、日本興亜損保がユーザの紹介斡旋を実施し、斡旋を受けた日立ソフトがSaaSサービス・メンテナンスを提供する。また、エヌ・ケイ・リスクコンサルティングとリサイクルワンが協力してCO2排出量の見える化・削減支援のコンサルティングを提供する。同サービスはまず首都圏で提供を開始し、大都市圏を中心に徐々に全国に展開を拡大する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

資産管理ツール Absolute Data and Device Security 【ソフトバンク コマース&サービス】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 運用する時間がない……インベントリツール活用の不安を解消できる意外な選択肢 【ディーアールエス】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
ノートPCやタブレットの盗難・紛失時に遠隔よりデータを削除して情報漏えいを防止する資産管理ツール。デバイスの位置を地図上に表示する位置情報トラッキング機能が特長。 IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 運用する時間がない……インベントリツール活用の不安を解消できる意外な選択肢 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030806


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ