採用:楽天証券が「Oracle Exadata V2」などを証券基幹系に採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:楽天証券が「Oracle Exadata V2」などを証券基幹系に採用


掲載日:2010/08/03


News

 日本オラクル株式会社と新日鉄ソリューションズ株式会社(NSSOL)は、楽天証券株式会社が、証券基幹系システムに「Oracle Exadata Version 2」を採用したと、発表した。

 楽天証券は、楽天グループの金融事業の中核を担うインターネット専業証券会社。システムの安定的運用体制の整備を最優先に、システム基盤整備を行なっている。

 今回、「Oracle Database 11g」の性能を支援するように設計されたハードウェア構成や、優れた性能/拡張性、バッチなど大量データ処理にも優れたパフォーマンスを備えていることなどから、「Oracle Exadata Version 2」の採用に至った。また、現行アプリケーションを使用し、日本オラクルとNSSOLが共同で性能・可用性検証を実施した結果、当初設定した期待値以上の優れたコストパフォーマンスを実現できることを確認した。更に、ITの効率的な運用をより強化するため、「Oracle Enterprise Manager」が採用された。

 楽天証券の証券基幹系システムの導入プロジェクトは、NSSOLが担当する。NSSOLは「Oracle Database」に関する実績に加え、「Oracle Exadata」などの製品のノウハウを活用し、安全で効率的なシステム構築を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 【日本マイクロソフト】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 【日本マイクロソフト】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 やめられないExcelのファイル共有、もっとスムーズな情報共有を実現するには? Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 情シス部門なしで挑んだワークフロー電子化、2000枚の書類作業をゼロに 1部門からできる進捗管理の脱・Excel化、成功の鍵はWebデータベースにあり

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030802


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ