日本ラッド、ハイエンドモデルの共用VPSサーバを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ラッド、ハイエンドモデルの共用VPSサーバを発表


掲載日:2010/08/03


News

 日本ラッド株式会社は、SaaS/レンタルサーバ事業として提供している「SaaSesサービス」で、ハイエンドモデルの共用VPSサーバ「OskiniサーバーGT(Grateful)」を、発表した。

 「OskiniサーバーGT(Grateful)」では、2.66GHzのCPUを採用しているほか、2GBのメモリと200GBのHDDが提供され、CRM/SFAなどの業務アプリケーションを稼働させることができる。CentOS、その他アプリがインストール済みになっている。

 使用中のHDDのデータを別のHDDに自動で定期的にバックアップすることで、使用中のHDDに障害が起きてもバックアップHDDからデータを復元して処理を続行できるようにするバックアップシステム“EBD”(Emergency Backup Disk)を採用している。これにより、HDDクラッシュに対して、RAID 1より高い確率でデータを復旧できる。

 導入時のオプション設定で、同社のクラウド基盤(10月リリース予定)と接続でき、スケールアウト可能でスケーラビリティに優れ、ユーザの仕事の増大にも即時適応できる。同基盤では、「SaaSes」が開発したネットワークストレージ技術/プロビジョニング基盤技術に仮想化技術を取り入れたIaaS(Infrastructure as a Service)が提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

徹底解説:SAPをクラウドで活用する3つのパターン、最善の選択肢は? 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 「IIJ GIO」と「Azure」の連携能力は本物? SAPシステムのDRサイトで徹底検証 【日本マイクロソフト+他】 研究成果の公開基盤をパブリッククラウド移行、国立情報学研究所が得た効果とは 【さくらインターネット】 仮想サーバ基盤サービス EINS/SPS 【インテック】 FIT-Cloudサービス 【北電情報システムサービス】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
SAP環境をクラウド移行――3つの解決策 「IIJ GIO」と「Azure」の連携能力は本物? SAPシステムのDRサイトで徹底検証 研究成果の公開基盤をパブリッククラウド移行、国立情報学研究所が得た効果とは ビジネス利用に適した信頼性/柔軟性の高い仮想サーバ基盤サービス。専門スタッフによるマネジメント型とユーザ自ら自由な構築ができるセルフサービス型を選択できる。 自然災害の少ない富山県に立地する高信頼のデータセンターを活用したクラウドサービス。仮想化インフラの構築から運用管理までのトータルサービスで、BCP対策を支援。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030794


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ