ジェイズ・コミュニケーション、Webセキュリティ製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ジェイズ・コミュニケーション、Webセキュリティ製品を発売


掲載日:2010/08/02


News

 ジェイズ・コミュニケーションは、米Cisco Systems,Inc.開発のWebセキュリティアプライアンス「Cisco IronPort S370」/「Cisco IronPort S670」を、発売した。

 Cisco IronPort Webセキュリティアプライアンス(WSA)は、OS「Cisco IronPort AsyncOS」の上に高速キャッシュ・プロキシ機能、Webroot/McAfee/Sophosアンチマルウエア(Webroot+McAfeeまたはWebroot+Sophosいずれかのデュアル構成をサポート、ライセンスオプション)、ダイナミックWebフィルタ「Cisco IronPort Web Usage Controls」、1〜65536全ポートの通信を可視化できるトラフィック可視化機能「レイヤ4トラフィックモニタ」など、様々なWebセキュリティ機能を標準またはライセンスオプションとして、1台のアプライアンスで提供する。

 更に、レピュテーションDB「Cisco IronPort SenderBase Security Network」を核とする「Cisco Security Intelligence Operations(Cisco SIO)」を活用した「Cisco IronPort Web Reputation Filters」(ライセンスオプション)を利用することで、“Dark Webサイト”による脅威からイントラネットを保護できる。

 「Cisco IronPort S370」は、1000ユーザ以上に適した中大規模拠点向けWebセキュリティアプライアンス。「Cisco IronPort S370 Spare Unit」は、「Cisco IronPort S370」専用のスタンバイユニットで、アクティブ機としての利用はできないが、「Cisco IronPort S370」と同じハードウェア構成で提供される。

 「Cisco IronPort S670」は、1万ユーザ以上に適した大規模拠点、サービスプロバイダ向けWebセキュリティアプライアンス。オーダー時に1000BASE-SXモデルも選択できる。「Cisco IronPort S670 Spare Unit」は、「Cisco IronPort S670」専用のスタンバイユニットになっている。

 「Cisco IronPort AsyncOS」を搭載し、Cisco SIOからの情報を活用した「Cisco IronPort Web Reputation Filters」と、「Dynamic Categorized Engine」による自動カテゴライズに対応した「Cisco IronPort Web Usage Controls」(ライセンスオプション)の2つのコンテンツフィルタを備えている。また、HTTPS通信を復号化し、通信内容の検査を行なえるほか、日本語を含む複数言語をサポートする、分かりやすいWebUIを備えている。いずれの製品もジェイズ・コミュニケーションの保守サポートサービスを利用できる。


出荷日・発売日 2010年8月2日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

AIがウイルス対策ソフトの限界を超える 未知の脅威を防ぐ技術 【富士通】 攻撃者の行動に着眼したマルウェア対策とは? 【富士通】 Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】 外部メディア ウイルス対策ソリューション 「Metadefender」 【ネクスト・イット】 情報セキュリティSDK CYREN 【Jiransoft Japan】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
1日に100万を超える新種が誕生? マルウェアの脅威を検知する最新技術とは 「発見」重視の対策はもはや限界。攻撃者の行動に着眼したマルウェア対策とは? 仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。 USB/CD/DVDなどの外部メディア内に潜むマルウェアの持ち込みを防御。脅威のリスクが高いファイルのブロックと強力なウイルススキャンを実行するソリューション。 多数のグローバル企業で導入されている、アンチスパム、アンチマルウェア、URLフィルタリング、IPレピュテーションなどのセキュリティ機能を利用するための開発キット。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030787


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ