NEC、仮想化システムの可用性を向上する無停止型サーバを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、仮想化システムの可用性を向上する無停止型サーバを出荷


掲載日:2010/08/02


News

 日本電気株式会社(NEC)は、フォールトトレラント・サーバ(無停止型サーバ)「Express5800/ftサーバ」で、VMware社の新しい仮想化基盤「VMware vSphere 4」に対応した製品を強化し、8月9日より出荷する。

 「Express5800/ftサーバ」は、2重化されたCPU/メインメモリなど主要なハードウェアが完全に同期して動作し、ハードウェア障害時には障害個所を自動的に切り離してサーバダウンを回避する機能を備えた高可用性サーバ。今回出荷される製品では、同社製の高可用性ソフトウェア「CLUSTERPRO X」との組み合わせを新たにサポートした。これにより、サーバ上で動作する2つのゲストOSをクラスタ化し、一方のOSに障害が発生した際に自動的に正常なOSに業務を引き継ぐことができる。従来から対応していたハードウェア障害に加え、ソフトウェア障害に起因するサーバダウンのリスクも低減できるため、システム全体の可用性を向上できる。

 XeonプロセッサX5570を搭載したミッドレンジモデル「Express5800/R320a-M4(VMware対応モデル)」と、XeonプロセッサE5504を搭載したエントリモデル「Express5800/R320a-E4(VMware対応モデル)」が用意されている。メモリはそれぞれ最大96GB/最大48GB搭載でき、HDDはいずれも最大2.4TB搭載できる。Xeon 5500番台を搭載したことで処理性能が向上しているほか、システムの仮想化によるサーバ統合でボトルネックになるメモリやHDDの拡張性を向上したことで、より大規模な仮想化システムへ適用できる。なお価格は、それぞれ256万円から/178万円からとなっている。


出荷日・発売日 2010年8月9日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】 監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート 記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030778


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ