S&I、Android搭載機でFMCを利用できる発信専用ダイヤラを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


S&I、Android搭載機でFMCを利用できる発信専用ダイヤラを発表


掲載日:2010/07/30


News

 エス・アンド・アイ株式会社(S&I)は、Androidを搭載したスマートフォンを企業の内線電話として利用できる発信専用ダイヤラ「uniConnect for Android」を、リリースする。8月1日より、同社のWebサイトから無料でダウンロードできる。

 「uniConnect」は、米コミュニゲート・システムズのSIP(Session Initiation Protocol)サーバ「CommuniGate Pro」を経由して、スマートフォンからの“会社の電話番号での発着信”(FMC:Fixed Mobile Convergence)を可能にする。オフィスでも外出先でも、企業が契約している固定電話回線を経由して電話をかけることができる。1台のスマートフォンで、標準ダイヤラを使用した携帯番号発信と、uniConnectを使用した企業番号発信を使い分けることができ、通話料金も分計されるため、1台のスマートフォンを公私で利用できる。また、一般的に、企業で契約される電話回線の通話料は、携帯電話の通話料よりも低額に設定されているため、uniConnectを導入することで、毎月の通信コストの削減を図ることもできる。

 従来はiPhone専用のダイヤラであったが、今回Androidに対応したことでスマートフォン端末の選択肢が広がり、契約している携帯電話会社(NTTドコモ/ソフトバンクモバイル/KDDI)が混在している企業でも、各社スマートフォンを内線電話として利用できるようになる。なお、「uniConnect」を通じて、企業が契約している電話回線をスマートフォンから利用するには、「CommuniGate Pro」との連携が必要になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030751


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ