日本ベリサイン、Webサイトに信頼性を付与する新サービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ベリサイン、Webサイトに信頼性を付与する新サービスを開始


掲載日:2010/07/28


News

 日本ベリサイン株式会社は、Webサイトに信頼性を付与する「VeriSign Trust Seal」の日本国内の企業・団体向けの発行を、開始した。価格は、3万9600円(1年間有効)で、「VeriSign Trust Seal」クーポン取り扱いパートナーを通じて提供する。

 「VeriSign Trust Seal」は、従来の企業認証に加え、マルウェアスキャンやSeal-in-Searchといった、サイトの安全性向上を図る機能を搭載しており、サイトの利用者に視覚的にもわかりやすい形で提供される。個人情報などのやり取りが発生せず、通信の暗号化は不要ながら、サイトのイメージ向上などを図りたいといったニーズに対応する。

 導入したユーザは、自社のWebサイトの安全性・信頼性が第三者(日本ベリサイン)により証明されていることを視覚的に表示でき、利用者にサービスの安全な利用などをアピールできる。同社が、サイトを運営する企業・団体の実在性を確認する企業認証と、サイトのドメイン所有者が間違いなくその企業であるとの認証を行ない、合格した組織のWebサイトのみに配布される。シールが貼付されたWebサイトは、本物のサイトであることを意味し、フィッシングサイト(なりすましサイト)には配布されない。また、Webサイトに表示された「VeriSign Trust Seal」をクリックすると、実際のサイト所有者の組織名を見ることができ、安全性を確認できる。1ドメインにつき、1つ付与される。

 貼付されたサイトは、Webサイトに埋め込まれ、フィッシングサイトに誘導する悪意のあるプログラム(マルウェア)の有無が、ベリサインによって1日1回チェックされる。スキャンは、登録したドメインのトップページから順次リンクを辿り、行なわれる。マルウェアが検出された場合には、「VeriSign Trust Seal」が非表示になり、サイト管理者に警告を知らせるメールが送付される。また、利用者は「VeriSign Trust Seal」をクリックすることで、最新のマルウェアスキャンの結果を確認できる。

 AVG Technologies社のウイルス対策ソフトウェアのリンクスキャナー機能と連動し、同ソフトをインストール済みのクライアントPCから、GoogleまたはBingでネット検索を行なうと、「VeriSign Trust Seal」の導入企業のURLには、検索結果の横に小さな「VeriSign Trust Seal」が表示される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

法律家に聞いた!不正送金への対策と、被害に遭ったらすべきこと 【KDDI】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】 Office 365×CloudGate UNO 【日本マイクロソフト+他】 Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】 監視・検知システムのSIEMは運用管理の負担軽減に貢献するのか。 【フォーティネットジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
法律の専門家に聞いてみた:もし不正送金されたらどうなる? Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 クラウド版Microsoft Officeを月額100円で安全に利用する方法とは? 世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。
企業のネットワークが複雑化するにつれ、セキュリティ管理者が監視すべきログも増えていく。監視・検知システムのSIEMはどのように運用管理の負担軽減に貢献するのか。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030727


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ