日本オラクル、ビジネス主導で管理できる統合IT管理基盤を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、ビジネス主導で管理できる統合IT管理基盤を提供


掲載日:2010/07/28


News

 日本オラクル株式会社は、最新の統合IT管理基盤「Oracle Enterprise Manager 11g」の提供を、開始した。

 「Oracle Enterprise Manager 11g」では、“ビジネス主導のアプリケーション管理”を行なえる。企業ユーザの体験、ビジネストランザクション、アプリケーションの連携を直接的に監視/管理することで、ITにビジネス視点を提供する。実業務と統合的業務、オラクルの「Siebel CRM」/「Oracle E-Business Suite」、Javaベースのアプリケーションの動作状況と稼働統計に単一のコンソールからアクセスできる。また、ビジネスコンテンツを含むトランザクションの自動検知と、長期間のトランザクションなど異なるIT層やアプリケーションにわたる処理中のトランザクションにおけるエンド・ツー・エンドの網羅的な可視化を行なえる。更に、包括的なサービスダッシュボードが請求/発送などビジネス・サービスを自動検知し、サービス導入の理解によるエンド・ツー・エンドのパフォーマンス解析/診断を提供する。

 企業の情報システムを構成する、“アプリケーションからディスクまで”の統合された管理を行なえる。パッケージ化されたアプリケーションからミドルウェア、DB、OS、仮想化、ハードウェアまで、企業のITに必要な積層(スタック)各々のレイヤで複数のツールを用いることなく管理を簡素化でき、IT投資の価値の最大化を図れる。

 同製品のコンソールと同社のサポートサービス「Oracle Support Services」との統合により、よりプロアクティブ(事前予防的)な管理を行なえる。整合性を保つための、構成ライフサイクル管理とリアルタイムな変更反映の検知が提供される。何百万の顧客構成を同時に分析でき、IT担当者にリアルタイムに潜在的障害を通知できる。また、ワークフローの自動化により、IT環境全体向けにパッチの抽出/検証/適応を行なえ、レコメンデーションや修復を実装するためのリスク/作業の低減を支援する。更に、コミュニティベースのコンソールが提供され、ITコミュニティの他メンバーとのベストプラクティスの共有や情報交換を図れる。

 これらが統合されたIT管理のアプローチにより、企業の事業スピードと生産性の向上を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030720


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ