TISとインテック、SaaS型着信管理サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TISとインテック、SaaS型着信管理サービスを提供


掲載日:2010/07/27


News

 ITホールディングスグループ(ITHDグループ)のTIS株式会社と株式会社インテックは、ITHDグループが推進する「クラウドテレフォニー」事業の第1弾サービスとしてSaaS型着信管理サービス「Callノート」を、8月2日より共同で提供する。

 「クラウドテレフォニー」事業では、電話機・電話網の“音声”とWebの統合による高度な音声コミュニケーションをクラウドサービスとして提供する。今回提供される「Callノート」では、コールセンタなどにかかってきた顧客の電話に対し、その着信電話番号からどの媒体をみて電話をかけてきたかを直ちに確認できる仕組みをSaaSで提供する。

 「Callノート」のシステムでは、ベーシックな電話転送機能をスケーラブル/安定的に提供するための電話基盤を備えており、ユーザ企業は、同時に1000回線以上の大規模な電話利用が可能になる。また、即時利用可能な仮想電話番号をリアルタイムに作成できるため、ユーザ企業は利用したい量の電話番号を即座に取得でき、電話番号を載せたいWEBサイトや紙媒体ごとの仮想電話番号を作成したり、電話着信時に指定番号への転送を行なえる。更に、一連の機能は、簡易なAPIで提供されるため、業務システムとのシームレスな連携が可能になる。

 仮想電話番号を掲載する媒体ごとに、電話対応者向け音声ガイダンスを任意で設定できるため、顧客にあった対応を行なえる。電話番号ごとの着信履歴を蓄積でき、着信履歴を分析し、レポートとして確認することで、媒体の分析や効果測定、マーケティングなどにも活用できる。また、仮想電話番号の新規発行、転送先電話番号の登録・変更、番号転送の一時停止からレポートファイルのダウンロードまで一連の機能を簡易なAPIで提供しているため、ユーザ企業の業務システムに容易に組み込める。

 ITHDグループでは、「Callノート」に続く「クラウドテレフォニー」の新たなサービスとして、「Callノート」と連動するソリューションの開発も進めており、2010年中にはサービスを提供開始する予定。

 なお利用料金は、初期契約料が30万円、月額基本料が10万円からで、このほか、仮想電話番号発行手数料、仮想電話番号管理費用(月額)などが必要になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】 次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。 コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030712


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ