日本HP、LTO-5に対応した大規模向けテープライブラリを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、LTO-5に対応した大規模向けテープライブラリを発売


掲載日:2010/07/27


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、LTO(Linear Tape-Open)-5に対応したテープバックアップ・ソリューションを拡充し、大規模アーカイブ向けテープライブラリ製品「HP StorageWorks EML/ESL」シリーズに、「HP StorageWorks LTO5 Ultrium3280 FC テープドライブ」を搭載した新モデルを、発売した。

 「EML」シリーズは、24時間365日運用にも耐えられるよう設計されており、最小構成は71巻で、最大505巻まで拡張でき、ドライブは最大16台まで搭載できる。「ESL」シリーズは、テープライブラリ製品の最上位モデルで、最小構成322巻から最大3546巻まで、ドライブは最大44台までの拡張性を備えている。電源と空冷ファンが2重化された冗長構成を備え、ホットスワップにも対応している。

 今回両シリーズに「LTO-5 Ultrium3280 FC テープドライブ」を搭載したことで、「EML」シリーズでは最大容量1515TB、転送速度は1時間当たり最大16.1TB、「ESL」シリーズでは最大容量1万638TB、転送速度は1時間当たり最大44.4TBと、大容量化・高速化された。

 セキュリティ機能も強化されており、AES(Advanced Encryption Standard)256ビット ハードウェア暗号化に対応している。また、管理性を向上できるテープモニタリングツール「HP TapeAssure」が無償ダウンロード提供される。同ツールは、テープドライブ/メディアの使用状況のモニタリング機能やパフォーマンスアセスメント機能、障害時のアラート発信機能などを備えており、テープライブラリ製品の管理・運用業務の効率化を支援する。更に両モデルとも、ライブラリのセットアップ/コンフィギュレーション/トラブルシューティングを簡素化できる“HP StorageWorks Extended Tape Library Architecture(ETLA)”を標準搭載している。

 また同社は、LTO-5対応テープバックアップ製品向けの新機能“HP Linear Tape File System(以下、LTFS)”を提供する。“LTFS”は、テープ上でファイルシステムを実現する機能で、目当ての保存データに直接アクセスできるなど、テープバックアップ製品の利便性を向上できる。現在は「HP StorageWorks LTO5 Ultrium3000」などのLTO-5対応の単体テープドライブ製品で利用でき、テープライブラリ製品には2010年秋の対応が予定されている。


出荷日・発売日 2010年7月26日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030705


IT・IT製品TOP > バックアップ > テープバックアップ > テープバックアップのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ