タンベルグデータ、LTO-5 ハーフハイトドライブとメディアを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


タンベルグデータ、LTO-5 ハーフハイトドライブとメディアを発表


掲載日:2010/07/27


News

 タンベルグデータ株式会社は、LTO(Linear Tape-Open)-5 ハーフハイト(HH)テープドライブとメディアを、発表した。

 Tandberg Data LTO-5 HHテープドライブでは、1本のカートリッジに3TB(圧縮比2:1)のデータを3時間以内にバックアップできるため、ストレージコストを低減でき、データ保護環境を簡略化できる。また、暗号化の標準規格AES(Advanced Encryption Standard)256ビットを採用しており、テープを安全/確実にオフサイトへ輸送/保管できる。消費電力は前世代LTOに比べ40%削減されている。

 LTO-4メディアとは読み取り・書き込みの互換性を、LTO-3メディアとは読み取り互換性を備え、過去のテープ資産に対する保護と、将来にわたる長期保管の利便性を提供する。また、2010年夏リリース予定の新しいパーティショニング機能により、長期アーカイブを簡素化できる。

 6GB SASと8GBファイバチャネル接続に対応し、まずSAS版から提供開始される。内蔵/外付け/ラックマウントの各タイプから選択できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 オールフラッシュ時代の「業務を止めない」バックアップ&リストアとは 【日本ヒューレット・パッカード】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 実行可能で信頼性の高い「災害復旧」を確立する 5つの原則とは アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 業務のスピードアップを目的としたフラッシュストレージ導入が盛んだが、システムリカバリーの視点が欠落しがちだ。事業リスクを最小化する戦略的選択を考える。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030698


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ