タンベルグデータ、LTO-5 ハーフハイトドライブとメディアを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


タンベルグデータ、LTO-5 ハーフハイトドライブとメディアを発表


掲載日:2010/07/27


News

 タンベルグデータ株式会社は、LTO(Linear Tape-Open)-5 ハーフハイト(HH)テープドライブとメディアを、発表した。

 Tandberg Data LTO-5 HHテープドライブでは、1本のカートリッジに3TB(圧縮比2:1)のデータを3時間以内にバックアップできるため、ストレージコストを低減でき、データ保護環境を簡略化できる。また、暗号化の標準規格AES(Advanced Encryption Standard)256ビットを採用しており、テープを安全/確実にオフサイトへ輸送/保管できる。消費電力は前世代LTOに比べ40%削減されている。

 LTO-4メディアとは読み取り・書き込みの互換性を、LTO-3メディアとは読み取り互換性を備え、過去のテープ資産に対する保護と、将来にわたる長期保管の利便性を提供する。また、2010年夏リリース予定の新しいパーティショニング機能により、長期アーカイブを簡素化できる。

 6GB SASと8GBファイバチャネル接続に対応し、まずSAS版から提供開始される。内蔵/外付け/ラックマウントの各タイプから選択できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【CommVault Systems Japan】 Office 365のバックアップに対応「Acronis Backup 12 Update3」 【アクロニス・ジャパン】 高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 クラウドへ移行した途端、バックアップを止めてしまうのはなぜ? サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030698


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ