NIコンサルティング、BSCを日次モニタリングできる製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NIコンサルティング、BSCを日次モニタリングできる製品を出荷


掲載日:2010/07/26


News

 株式会社NIコンサルティングは、様々な企業で戦略立案手法として導入されているバランス・スコアカード(BSC)の日次モニタリング運用を支援する製品「可視化マップスコアラー」を、出荷した。

 「可視化マップスコアラー」は、BSCの、財務目標を達成するための戦略シナリオを可視化する“戦略マップ”と、現場での遂行状況を評価する“スコアカード”を集計・表示するシステム。営業支援システム(SFA/CRM)「顧客創造日報」と連動することで、集計対象となる現場活動のデータを収集する。これにより、データを集計するための余計な工数が不要で、日々の商談報告や業務日報を入力することで自動的に経営戦略の実行状況をモニタリングできるようになる。

 集計データが日報システムで収集されるため、モニタリングを日次で行なえる。これにより、日々変化する経営環境に適応するための、行動修正や戦略見直しの迅速な意思決定を支援する。また、柔軟なカスタマイズが可能で、300万通り以上の指標を設定できるため、企業ごと・年度ごとに異なる経営戦略にも柔軟に対応できる。

 戦略マップ作成機能を備え、Webブラウザ上のドラッグ&ドロップなどのマウス操作で容易に戦略マップを作成できる。スコアカード表示機能では、目標値・基準値と実績値の対比を四半期単位・月単位で表示できる。達成率に応じて自動的に色が変化し、経営状況を容易に把握できる。また、推移グラフ表示機能により、指標ごとに状況変化を時系列にグラフ表示でき、指標の改善状況や指標間のバランスも把握できる。

 これらにより、データ集計や戦略マップ・スコアカード作成の手間を省き、モニタリングを迅速化できる。なお価格は、ライセンス版が10ライセンスで50万円から、クラウドサービスが1ユーザ月額1500円からとなっている。


出荷日・発売日 2010年7月26日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

MJS_会計システムソリューション 【ミロク情報サービス】 kintone 旅費交通費精算 with 乗換案内Biz 【ソフトバンク コマース&サービス】 資金管理 決済ソリューション 「BankingGate」シリーズ 【NTTテクノクロス】 予算編成システム BizForecast(ビズフォーキャスト) 【プライマル】 クラウド交通費・経費精算システム「Dr.経費精算」 【BearTail】
会計システム 会計システム 会計システム 会計システム 会計システム
会計システムへの不満はどこにある? アンケート調査で分かった製品選びのコツ kintoneと連携して出張申請・精算、交通費精算を行うアプリケーションパッケージ。交通費精算にまつわる面倒を解消する。 リアルタイム送金を実現するBankingGate for ANSER-CLA、マルチバンク、システム連携でシームレスな資金管理を実現するBankingGate for eBAgentからなる決済ソリューション。 各企業における最適な予算編成を実現するグループ経営管理システム。「柔軟性の高さ」と「使い勝手の良さ」を兼ね備え、経営管理の効率化を支援する。 領収書をスマホで撮影するだけで、経費申請データをオペレーターが入力代行。経費精算にかかる手間と時間を大幅に削減できるクラウド経費精算システム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030684


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ