F5、SSL-VPN製品の新バージョン「FirePass 7.0」を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


F5、SSL-VPN製品の新バージョン「FirePass 7.0」を発売


掲載日:2010/07/23


News

 F5ネットワークスジャパン株式会社(F5)は、FirePass SSL-VPNソリューションの新バージョン「FirePass 7.0」を、発売した。

 「FirePass」は、リモートアクセスに、優れた利便性と強固なセキュリティを提供するSSL-VPN製品。各企業の要件を満たすアクセスポリシーを設定できる上、様々なデバイスから、ブラウザベースで、アプリケーション、ネットワークへのアクセスを行なえるため、場所や時間を問わず企業情報の有効活用を図れる。

 今回、新たに仮想アプライアンス製品「FirePass Virtual Edition」が発表された。物理バージョンでの従来の機能がすべて提供され、仮想アプライアンスやハードウェア汎用のサーバプラットフォームにも導入できるため、既存の仮想環境に拡張性と柔軟性を兼ね備えたリモートアクセス環境を構築できる。大規模なリモートアクセス環境が必要とされる場合でも、「BIG-IP Local Traffic Manager Virtual Edition」と併用することで、拡張性に優れたリモートアクセス環境を構築できる。更にITインフラでの物理デバイス数を抑えられるため、投資/運用コストの削減を図れる。

 「FirePass 7.0」は、Window 7や、IE8、Mac OS X 10.6などの最新OSやクライアントをサポートしている上、iPhoneなどのモバイル端末にも対応しており、ユーザビリティが向上している。また、エンドポイント・セキュリティ機能が強化されており、MacやLinux環境に対応した最新のアンチウイルス、ファイアウォール、アンチマルウェア・ソフトウェア検知機能が提供される。Windows 7などの64ビットOSに対応した“Protected Workspace”などの新機能により、データ損失のリスク低減を図れる。更に、「FirePass Client」や「BIG-IP Edge Client」の新製品との相互運用性を備えている。

 VMware ViewのWebクライアントと「FirePass」の統合により、追加のクライアントを配布せずに、リモートユーザにVMware Viewを迅速/簡易に導入でき、仮想デスクトップインフラで同じ管理ツールでSSL-VPN機能を管理できる。また、Citrix Xen Presentation Serverへのアクセスも強化され、エンドポイントのセキュリティレベルに合わせたアクセスコントロールを行なえる。


出荷日・発売日 2010年7月22日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-VPN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-VPN」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-VPN」関連の製品

閉域ネットワークサービス EINS/MOW-DCAN 【インテック】
IP-VPN
ユーザ拠点とインテックのDCや各種クラウドサービスをシームレスに接続できる閉域ネットワークサービス。快適で信頼性の高いネットワークを低コストで利用できる。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030680


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-VPN > IP-VPNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ