NECとNEC-i、SIP対応IPキーテレフォンを機能強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECとNEC-i、SIP対応IPキーテレフォンを機能強化


掲載日:2010/07/23


News

 日本電気株式会社(NEC)とNECインフロンティア株式会社(NEC-i)は、中小規模事業所向けSIP対応IPキーテレフォン(VoIP通話制御プロトコルにSIPを使用できる機種)「UNIVERGE Aspire X」の機能強化を行ない、発売した。

 今回の機能強化では、サーバラックなどに使用される標準の19インチラックに搭載可能な主装置「19インチモジュール」が追加されたほか、大画面IP電話機「DT750」やデジレス電話機(ラインキーの名称や通話の状態をソフトウェアによってLCDに表示させる構造の電話機)など対応する電話機のラインアップが拡充された。更に、「UNIVERGE Aspire X」のFMC(Fixed Mobile Convergence)機能“AXモバイルリンク”(日本国内のキャリアの携帯電話で、社内・社外の区別なく、「UNIVERGE Aspire X」の内線電話のように利用できる機能)が強化され、様々なワークスタイルに応じた新たな機能が提供される。

 「19インチモジュール」は横置き設置が可能で、1つの筐体で従来の基本モジュール(縦置き主装置)の約2倍のユニット積載容量を備えている。ラック実装スペースを最大で約85%削減でき、サーバラックのスペースを有効活用できる。また、ラインアップに追加された電話機は、ラインキーの表示や保留、話中などの状態表示を大型カラータッチパネルやLCD画面で行なえるため、通常のラインキーより表示が大きく、暗所での操作や弱視者の使用にも配慮した設計になっている。「DT750」やデジレスIP多機能電話機では、定められた個人のID/パスワードを入力してログインすることで、個人のキー割付や短縮番号などの電話機設定を呼び出せるため、組織変更や異動の際に設定変更が不要になるほか、フリーアドレスを採用したオフィスにも対応できる。

 “AXモバイルリンク”に登録している携帯電話から自社オフィスへ電話(ワンコール)し、「UNIVERGE Aspire X」から自動的に折返される呼び出しに応答することで“AXモバイルリンク”を使用した内線接続状態になる“携帯コールバック機能”が新たに提供されたほか、共通短縮ダイヤルへの付加情報表示機能の追加も行なわれた。また、発信者番号認証によるボイスメールへのアクセスが可能になったほか、“AXモバイルリンク”携帯電話と固定電話の両方を使用している際の、同時着信の防止設定が追加された。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030679


IT・IT製品TOP > 通信サービス > VoIP > VoIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ