光林舎、オープンソース系CMS採用のWebサイト制作サービスを開始

IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


光林舎、オープンソース系CMS採用のWebサイト制作サービスを開始


掲載日:2010/07/23


News

 株式会社光林舎は、オープンソース系CMS(コンテンツマネジメントシステム)の「Joomla!」を採用した、Webサイト制作サービス「システムA ベーシックプラン」を、開始した。価格は、3万8000円となっている。

 「システムA」は、「Joomla!」の日本向けサービス名称。テンプレートをベースにWebサイトを制作することで、制作費の削減を図っている。テンプレートは、約100種類(テンプレート10種類×スタイル約10種類)のバリエーションが用意されており、ユーザがデザインを選択できる。制作ページ数は最大50ページで、写真トリミング10枚、問い合わせフォーム、SEO対策も含まれる。記事と写真はユーザが用意する必要があるが、ページへのレイアウトは同社が対応する。更に、制作工程の改善が行なわれたことで、廉価化が可能になった。


出荷日・発売日 −−−
価格 3万8000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CMS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CMS」関連情報をランダムに表示しています。

「CMS」関連の製品

Webサイト構築・運用ソフトウェア とんがりくんCMS 【NTTデータビジネスブレインズ】 中小企業こそ武器にすべきWebサイト、その成功を導く「7つの鉄則」とは 【ガーディアン+他】 オープンソースCMS「Drupal」導入サービス 【デジタルサーカス】 企業採用が拡大するWordPressサイトのリスク、継続的な安全性をどう担保する? 【テンダ】 「Webサイトは難しく手間がかかるもの」という常識を覆す驚きの仕組みとは 【ガーディアン+他】
CMS CMS CMS CMS CMS
シンプルな機能で簡単に操作ができ、セキュリティ対応も考慮されたCMS。運営しやすさを第一に考え、シンプルながらもWebサイト運用に必要な機能を搭載。 中小企業こそ武器にすべきWebサイト、その成功を導く「7つの鉄則」とは コンテンツ管理、会員管理、キーワード検索、RSS配信など豊富な機能を搭載しつつ、誰でも無料で利用可能なCMS「Drupal」を豊富な経験を持つエンジニア/デザイナーが支援。 企業採用が拡大するWordPressサイトのリスク、継続的な安全性をどう担保する? 「Webサイトは難しく手間がかかるもの」という常識を覆す驚きの仕組みとは

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030678


IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ