日本電通、通話料金管理システムをCUCM 7.1に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本電通、通話料金管理システムをCUCM 7.1に対応


掲載日:2010/07/23


News

 日本電通株式会社は、Cisco Unified Communications Manager(CUCM)7.1に対応した通話料金管理システム「テレジャーナル IP-PBX版」を、発売した。

 「テレジャーナル」は、交換機(PBX)から送られてくる通話明細データを受信し、PC上の課金集計プログラムで料金計算や各種集計管理を行なうシステム。複数の交換機(PBX)に対応しており、1台のPCで複数拠点の通話データを自動で収集でき、内線番号、内線グループ、負担コード別など9種類(IP-PBX版は8種類)の帳票出力を行なえる。

 「テレジャーナル IP-PBX版」は、CUCM 7.1に対応したほか、自動データ収集の設定を行なった場合に、データ収集状況(正常/異常)をメールで通知するように設定できる。また、プログラムは、自席のPCから帳票出力とマスタのメンテナンスを行なえるように、データ収集プログラムとメンテナンスプログラムの2つに分けられている。


出荷日・発売日 2010年7月23日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-PBX」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-PBX」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-PBX」関連の製品

トラスティルグループの事例から、在宅勤務実現のヒントを探る 【NTTコミュニケーションズ】 低コストで始められる「スマートフォン内線化」の仕組みとは―― 【NTTコミュニケーションズ】
IP-PBX IP-PBX
在宅勤務制度を自社にどう取り入れるか悩む企業は多い。新たな取り組みゆえに対応すべきことも多岐にわたる。そこで参考になるのが、ある士業グループの取り組みだ。 担当者が外出中で電話対応できないなど、知らぬ間に陥っている機会損失をクラウド型サービスとスマートフォンの活用で解消する方法がある――ビジネスフォンのアプリ化だ。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030676


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-PBX > IP-PBXのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ