日立ビジネス、モバイル業務報告システムなどの機能強化版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ビジネス、モバイル業務報告システムなどの機能強化版を発売


掲載日:2010/07/22


News

 日立ビジネスソリューション株式会社(日立ビジネス)は、ケータイリッチクライアント「A3BROWSER Xstyle」と、同製品を活用した携帯電話やスマートフォンによるモバイル業務報告システム「ケータイ快作!」の、機能強化版を発売した。

 今回の機能強化版では、「A3BROWSER Xstyle」で株式会社NTTドコモの携帯電話への遠隔指示を実現したほか、「ケータイ快作!」で、住所や位置情報などの条件に合致する場所を地図上に表示する株式会社ゼンリンデータコムの「いつもNAVI開発キットサービス」と連携した地図表示や住所変換に対応した。

 「A3BROWSER Xstyle」の機能強化では、携帯電話のiアプリに対して遠隔からの起動要求を可能にするNTTドコモのサービス「iアプリコール」を利用することで、携帯電話に対し様々な遠隔指示を可能にする機能が開発された。管理者が、外出者の携帯電話に対して、位置情報取得の指示を送信できる。外出者は、携帯電話のGPS(Global Positioning System)機能から緯度・経度の位置情報を取得し報告することで、管理者が外出者の現在位置を確認できる。また、管理者からのメッセージを、メールソフトを起動することなく、複数の携帯電話へ一斉に表示させることができる。

 「ケータイ快作!」の機能強化では、携帯電話から送信された報告書に含まれる位置情報を基に、「いつもNAVI開発キットサービス」の地図情報に報告場所を表示できる。また、遠隔指示による位置情報取得後、管理者PCで位置情報を住所に変換して表示できる。

 これらにより、建設現場での管理業務や保守点検業務などで、位置情報や地図表示を利用したモバイル業務報告システムを迅速/容易に構築でき、より幅広い業務での活用が可能になる。

 このほか、携帯電話の紛失時のセキュリティ対策として、「ケータイ快作!」で作成した送信前のオフラインデータを遠隔地から強制的に削除できるようになったほか、携帯電話の画面作成でテーブルタグをサポートしたことで、表組みの画面構成が可能になった。また、“携帯画面作成エディタ”を使用して、容易に携帯電話の画面をデザインできるようになった。


出荷日・発売日 2010年7月21日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030656


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ