NRI、OpenIDやOAuthに対応した企業向けID連携ソリューション発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRI、OpenIDやOAuthに対応した企業向けID連携ソリューション発売


掲載日:2010/07/22


News

 株式会社野村総合研究所(NRI)は、複数のWebサイトにまたがって個人認証を行なう“ID連携・活用”のためのソリューション「Uni-ID」シリーズの新サービス、「Uni-ID RP Express」を、発売した。

 「Uni-ID RP Express」では、RP(Relying Party:ID情報を活用してサービスサイトを運営する事業者)になるために求められるID連携機能をSaaS形式で提供する。2日程度で導入でき、低コスト・短期間でRP化を行なえる。利用者は「Uni-ID RP Express」の存在を意識せずに利用でき、スムーズなID連携を行なえる。また、TwitterなどソーシャルネットワークサービスとのID連携を行なうことで、効果的なマーケティング活動に取り組める。

 サービス利用方式として、ID連携機能を簡素なWeb APIで提供するため、既存環境へのモジュールのインストールは不要。RP事業者のサイトへのコーディングは20行程度で済むため、容易に導入できる。また、ID提供サイトごとに異なる、OpenID、OAuth、各社独自形式といった各種プロトコルに対応しているため、ID提供サイト各社の動向に合わせてRP事業者が機能をアップデートする必要はない。利用者の属性情報の取得や、ほかのID提供サイトとの連携など、機能追加を行なう場合にも、同サービスが対応するため、RP事業者の求める要件に応じた柔軟な拡張を容易に行なえる。

 最新仕様やセキュリティ強化への対応が一元化されているため、RP事業者は負担やリスクの低減を図れる。Web APIに次期OpenIDプロトコル“OpenID Artifact Binding 1.0”を採用しているため、特定ベンダの独自技術に依存した製品、サービス、システムなどを採用した場合に、他ベンダの製品などへの乗り換えが困難になる“ベンダ・ロックイン”を回避できる。また同社は、次期OpenIDプロトコルの策定を主導しており、同仕様のオープン標準化を引き続き推進する。


出荷日・発売日 2010年7月21日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 “情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 指ハイブリッド認証 【NEC】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】
認証 認証 認証 認証 認証
新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 脅威は外部攻撃だけではない 内部からの情報漏えいを防止する4カ条 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? 革新者が語る 旧体制を破壊した顧客体験志向とデジタルの事例

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030654


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ