ZL、ストレージコスト削減図る統合アーカイブソリューション提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ZL、ストレージコスト削減図る統合アーカイブソリューション提供


掲載日:2010/07/22


News

 ZLテクノロジーズ(ZL)は、“Manage-In-Place”機能を含む次世代ファイルシステムアーカイブを搭載したメール・ファイルアーカイブソリューション「ZL Unified Archive 7」(ZL UA 7)を、提供する。

 「ZL UA 7」では、高度な検索機能の追加、e-Discovery機能強化が行なわれたほか、ファイルアーカイブ機能でアーカイブされたファイルをライフサイクル管理できる。“Manage-In-Place”機能により、ファイルをファイルサーバに残したままインデックス化することで、高速なファイル検索を行なえ、ファイルをアーカイブするかインデックスのみを作成するかも選択できる。

 メール、ファイルなどを対象にしたポリシーベースの自動アーカイブ、高速検索とデータの分析などを行なえる上、ファイルに保存された企業情報の活用、ライフサイクル管理を行なえる。スケーラブルなアーキテクチャにより、増加する電子ファイルに対応できる。また、コーポレートガバナンスとコンプライアンスの機能を備えており、アクセス権限などのポリシーを、企業内のファイル全体、SharePoint、Lotus Quickr、メールなどに適用できる。詳細な完全監査ログとカスタマイズ可能なレポートの機能を備えている。

 “シングル・インスタンス・ストレージ”(SIS)技術で重複ファイルを排除することで、ストレージ容量を節約できるほか、ファイルのスタブ(ショートカット)、メール添付ファイルなどとの一元的なSISで最大90%のストレージ容量を削減できる。コンテンツの分析・記録管理機能により、古いファイルを削除でき、ストレージの最適化と電子情報の再利用を行なえる。

 ファイルアクセスの容易性と生産性向上の機能を備えており、フルテキスト検索では、ポリシーベースのアクセス制御を使用して、大容量データ間の関連情報を迅速・安全に検索できる。また、コンセプト検索、高度な分析オプションなどにより、ファイルなどを迅速に分析し、分類できる。ファイルサーバなどが破損、紛失した際にも、アーカイブを復元し活用できる。

 各種プラットフォーム対応により一元管理が可能で、LinuxやWindowsのファイルシステム、SharePointなどを統合することで、ファイル管理を簡素化できる。また、メールとファイルのアーカイブをシングルシステムで一元管理することで、コンプラアンスなどに対応したシステムの確立とオペレーションの工数削減を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

「フラッシュアレイ」選定ガイド――誇大広告を見抜くための8つの考慮事項 【日本ヒューレット・パッカード】 知っていますか? オールフラッシュを企業で使う場合の必須機能 【日本ヒューレット・パッカード】 フラッシュ導入で期待通りの点と期待外れの点は? 1000人に聞いた実際の効果 【日本ヒューレット・パッカード】 HPC環境のボトルネック、ストレージが抱える課題を解決する方法とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 ビッグデータ時代のストレージ選び、ポイントは「拡張性とリニアな性能向上」 【ピュア・ストレージ・ジャパン】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
「フラッシュアレイ」選定ガイド――誇大広告を見抜くための8つの考慮事項 HPEは新興企業の買収を含め、ストレージへの積極的な開発投資を進めている。競合がひしめく市場で、ハードの強みを生かしてきた同社が、今後注力する分野はどこか。 フラッシュ導入で期待通りの点と期待外れの点は? 1000人に聞いた実際の効果 HPC環境のボトルネック、ストレージが抱える課題を解決する方法とは? ビッグデータ時代のストレージ選び、ポイントは「拡張性とリニアな性能向上」

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030651


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ