TSOL、オペレーショナル・リスク管理ソリューションをSaaSで提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TSOL、オペレーショナル・リスク管理ソリューションをSaaSで提供


掲載日:2010/07/22


News

 東芝ソリューション株式会社(TSOL)は、金融機関向けに、オペレーショナル・リスク(オペリスク)管理ソリューション「QualityGym」シリーズのSaaS(Software as a Service)版と関連サービスを、10月より順次提供する。

 オペリスク管理は、1000年に1度起きるかもしれない理論上の“低頻度・高損失”のリスクに資本準備で備える活動“リスク資本管理”と、過去に顕現化あるいは日常的に想起される“高頻度・低損失”事象を分析し、リスクの高い業務のプロセス変更や事務処理品質の向上を図る活動“事務品質管理”に分けられる。「QualityGym」シリーズは、この2つを融合して管理でき、実効的なリスク管理を行なえる。

 今回提供されるSaaS版では、専用ソフトウェアの購入が不要で、最新サービスを必要に応じて選択して利用でき、小規模から利用開始できる。また、高度なITスキルが不要で、システム管理や運用、アプリケーションのバージョンアップに関する作業を削減できる。

 「QualityGym」シリーズのデータ登録機能“事務品質アラーム インシデント登録”がSaaSとして提供される。事務ミス・事務事故や、苦情・顧客の声、システム障害、その他のオペリスクの情報入力と、ワークフローによる承認機能が提供されるほか、RCSA管理などの機能が順次拡張される予定。

 附帯サービスとして、インシデントデータと業務データを収集し、専門家が分析したレポート(事務品質分析結果)が提供されるため、高度な知識がなくてもリスク・事務品質を分析できる。

 なお予定価格は、初期設定費用が262万5000円から、月額利用料が71万4000円から(いずれも税込)で、別途、ユーザのセキュリティ基準に準じた回線契約(初期開設・設定費用、月額利用料)が必要になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

AZCLOUD SaaS EnergySuite 【富士通マーケティング】 食品業向け販売・製造管理システム Sky-Mart 【東計電算】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 ProSCOPE-C 【日立SC】 個人信用情報照会システム L-CRIP 【セイコーソリューションズ】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
単価変動も怖くない!石油卸業向けに特化した富士通の販売管理 受注・売上・発注・仕入・製造・在庫・債権・債務・売掛・買掛を1システムで統合管理できる、食品業向け販売・製造管理システム。 販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 化学・プロセス・マテリアル業界の生産プロセスに特化した原価計算パッケージ。工程別総合原価計算に対応するなど、正確な原価計算を可能にする機能を搭載している。 個人信用情報機関との通信制御から独自の個信審査まで、融資審査業務に欠くことのできない個人信用情報照会の機能を装備したパッケージ。導入実績110社以上。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030649


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ