NSS、ネットカフェ向けに生体認証による本人確認システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NSS、ネットカフェ向けに生体認証による本人確認システムを発売


掲載日:2010/07/22


News

 株式会社日本セパレートシステム(NSS)は、インターネットカフェ向けに、東京都の“インターネット端末利用営業の規制に関する条例”に対応した本人確認システム「HandProfile」を、発売した。価格は、38万5000円からとなっている。

 「HandProfile」では、生体認証方式“手のひら静脈認証方式”を採用し、本人確認の正確化/迅速化を図っている。他の生体認証方式に比べ識別率に優れているほか、会員向けに会員証を発行せずに会員管理を行なえるため、なりすましを防止でき、会員証の管理・発行・再発行の手間の軽減などを図れる。これにより、低コストで同条例に対応した会員管理を行なえる。


出荷日・発売日 2010年7月21日 発売
価格 38万5000円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

クラウドサービスを安全に使うには? 生産性を落とさないシャドーIT対策の秘訣 【マクニカネットワークス】 多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】 AXIOLE 【ネットスプリング】 クラウドセキュリティの注目技術、「CASB」導入で知っておきたい3つのポイント 【日本オラクル】 境界線なき企業ネットワークをどうシンプルに守る? 鍵は“ゼロトラスト” 【アカマイ・テクノロジーズ】
認証 認証 認証 認証 認証
クラウドサービスを安全に使うには? 生産性を落とさないシャドーIT対策の秘訣 Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 クラウドセキュリティの注目技術、「CASB」導入で知っておきたい3つのポイント 境界線なき企業ネットワークをどうシンプルに守る? 鍵は“ゼロトラスト”

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030646


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ