日本HP、統合仮想デスクトップインフラストラクチャ環境など発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、統合仮想デスクトップインフラストラクチャ環境など発売


掲載日:2010/07/21


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、クライアントからサーバ、ストレージまでを統合した仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)環境構築を可能にするSANストレージ「HP StorageWorks P4800 G2 63TB SAS BladeSystem SANソリューション(P4800 VDIソリューション)」と、VDI導入を容易にするためのサーバ、ストレージ、クライアントなどを組み合わせた推奨構成を提示する「HP VDIリファレンス・アーキテクチャー」を、発売した。

 「P4800 VDIソリューション」は、ブレードサーバとディスクシステムを組み合わせたVDI環境構築専用のSANストレージソリューション。ブレードサーバとして「HP P4000 sb G6」、拡張ディスクシステムとして「HP StorageWorks Modular Disk System 600 JBOD」を2基(450GB SASディスク×140個)採用している。また、プリインストールのソフトウェアとしてHP P4000 G2 SANファミリに搭載されている「SANiQ8.5」を採用しているため、ストレージの筺体に障害があった場合でもデータ利用を継続できる、ネットワークRAID機能による可用性や、システムを稼働させたままでファームウェアをアップデートできる管理性、パフォーマンスのニーズに柔軟に対応する拡張性などの環境を提供する。加速的に増加する仮想ボリュームに対応するため、データが実際に書き込まれる時に必要な領域を割り当てるシン・プロビジョニング機能により初期投資を抑制できるため、導入・運用コストを低減しながらVDI環境を構築できる。

 同ソリューションを中核にした推奨VDI構成「HP VDIリファレンス・アーキテクチャー」も提供される。デスクトップ仮想化サーバ「HP BL465c G7」、共有ストレージ「P4800 VDIソリューション」、クライアント端末「HP ThinClient t5325」、エンクロージャー「HP c7000 エンクロージャー」、仮想化・HPハードウェア管理サーバ「HP BL465c G7」、仮想化ソフトウェアライセンスなどが含まれており、スムーズなVDI構築を支援する。

 また同社は、中堅・中小規模企業向けiSCSI仮想化ストレージ製品「HP P4000 G2 SANファミリ」、ディスクバックアップシステム製品「HP StorageWorks D2D Backup Systemファミリ」のラインアップも強化し、発売した。


出荷日・発売日 2010年7月20日 発売
価格 お問い合せ下さい

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030640


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ