提携:京セラミタの複合機とウイングアークの帳票運用管理を連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:京セラミタの複合機とウイングアークの帳票運用管理を連携


掲載日:2010/07/20


News

 京セラミタジャパン株式会社は、ウイングアーク テクノロジーズ株式会社と協業し、京セラミタの複合機「TASKalfa」シリーズとウイングアークの帳票運用管理ツール「Report Director Enterprise」(RDE)の連携ソリューション「ID Printing for RDE」を、8月より発売する。価格は、19万8000円となっている。

 「ID Printing for RDE」では、「TASKalfa」シリーズのインターネットブラウザ機能を活用し、操作パネル上に「RDE」の管理画面を表示させることで、PCを介さずに複合機側で帳票を指定して印刷できる。例えば、受注リストの中から発送の指示書を一斉送信する場合、複合機のタッチパネルから「RDE」の管理画面に直接アクセスして必要な指示書を印刷できる。更に、ログイン時のユーザ認証機能と組み合わせることで、出力できる帳票をユーザによって制限したり、操作のログ記録を残すことができ、情報セキュリティを向上できる。

 なお、同ソリューションに対応する複合機の機種は、カラー複合機「TASKalfa 552ci」シリーズと、モノクロ複合機「TASKalfa 520i」シリーズ/「TASKalfa 300i」となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 19万8000円

関連キーワード

「京セラミタジャパン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030621


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ