PCI AIOS、Windows Server対応ドライブ暗号化の英語版新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PCI AIOS、Windows Server対応ドライブ暗号化の英語版新版を発売


掲載日:2010/07/16


News

 PCIアイオス株式会社(PCI AIOS)は、Windows Server 2003 R2 SP2/2008 R2やRAIDに対応したドライブ暗号化ソフトの英語版・新版「ProtectDrive for Servers 9.2 英語版」を、発売した。価格は、12万円(1台につき1ライセンス、別途年間保守が必要)となっている。

 「ProtectDrive」は、日本セーフネット株式会社の製品で、ドライブ上のデータを丸ごと暗号化し、盗難や紛失の際のデータ漏洩を防止するWindows向けソフトウェア。暗号化や認証機能をすべてソフトウェアで実装しているため、Trusted Platform Module(TPM)などの特殊なハードウェアは不要で、Windowsの全エディションにインストールできる。
 
 また、Windowsが起動しなくなった(ハードウェアに異常がなく、システム関連のファイル破損によりOSが起動しない)場合に、CD-ROMからWindows PEを起動して、暗号化されたドライブから任意のファイルを取り出すツールや、FD起動で暗号化されたドライブ全体を復号化する(復号化されたデータを書き込む別ドライブは不要)ツールなど、各種リカバリツールが付属する。これらのリカバリツールを、管理サーバ不要で、ネットワークに非接続の環境で利用できる。
 
 クライアントPC向けの「ProtectDrive」と、Windows ServerやRAIDに対応した「ProtectDrive for Servers」の2つのラインナップが用意されており、それぞれ新版からWindows 7やWindows Server 2008、64ビット版Windowsに対応した。
 
 日本語に対応したソフトは既に完成しており、現在日本でのリリースに向けて日本語マニュアルの準備が進められている。今回、英語版(英語マニュアル付属、ソフトウェアは日本語に対応、英語マニュアル以外は今後リリース予定の日本語版と同一のパッケージ内容)が先行して発売された。日本語版のリリース後、英語版購入ユーザへ日本語マニュアルが無料でダウンロード提供される予定。


出荷日・発売日 2010年7月15日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 Windows/Linux 向け暗号化ソリューション SecureDB for SME 【セキュア・ディー・ビー・ジャパン】 Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。 カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。 DBからの情報漏えい対策に特化した暗号化ソリューション。導入時、DBやアプリケーションの変更が不要。稼働時にパフォーマンスに影響をほとんど与えない。 導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030597


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ